第26話 謎のハーレム地獄の1日になりました。

色々あってから一週間が経過した。




 エルフの三人も学園生活に慣れて、友達も出来ている。




 エルティアとアクアとは同じクラスだしな。




 俺は授業が終わるとアウラに話しかけられる。




 「今日買い物付き合いなさいよ」




 「はい」




 まったく奴隷なんてなるもんじゃなかったぜ。




 しかし、この話を聞いていたイドラが私も行くと言い出し、どうせなら皆誘いましょうということで、誘えるだけアウラは誘う。




 結果アウラ、ハイル、イドラ、クラーラ、エミリアの五人と買い物をすることとなった。




 「それで今日は私の寮でご飯一緒に食べましょう。材料の買い出ししましょう」




 アウラ達はドラゴンの肉を使ったハンバーグを作るらしく、俺を含めて六人で買い出しをする。




 勿論材料代、荷物運びは俺。




 ふざけるなーーー。




 貧乏学生では決してないが、何で材料代俺なんだよ。




 しかもドラゴンの肉高すぎだろ。




 「良かったですねルクス。ハーレムで」




 クラーラ。ハーレム天国なら良かったかもしれないが、ハーレム地獄は良くない。




 「ってかエミリアいつまで俺の奴隷でいるんだよ。お前まで俺の荷物運び手伝わなくていいぞ」




 エミリアは頬を赤らめながらツンツンにして言う。




 「悪い、手伝ってあげてるだけよ。大体奴隷の件はなしよ。あなたが言ったんじゃない」




 まあ奴隷なんて要らないけど。面白いから奴隷のままでいてもらおう。




 「やっぱり奴隷は必要かな?」




 俺が面白おかしく言うとエミリアは更に顔を赤らめる。




 こいつドMで変態なのだろうか。




 「どっちなのよ。はっきりしなさい」




 「冗談だよ」




 俺とエミリアのやり取りを他4人が見て楽しそうに笑う。




 「さあ買い出しも終わったしハンバーグ作るわよ」




 『おお』




 6人全員何だかんだでノリが良かった。




 でだ? 俺料理できませんけど。




 俺とエミリア、クラーラは料理が出来ないので最低限の手伝いをする。




 アウラとハイルとイドラは挽き肉を捏ねたり、色々な行程を経て、フライパンで焼く。




 アウラはスキルを発動する。


 小さな炎リトルファイア




 おお、料理に魔法を使用するのか。




 前世で俺が憧れていた奴だ。




 まさかこのような場面に出くわすとは。




 感慨深いな。




 「さあ出来たわよ。塩コショウで味付けしてるけど、タレを使いたい人は使うように」




 『いただきます』




 俺は一口食べると肉のジューシーさが伝わってきて頬が落ちそうになる。




 「美味しいな」




 「普段ろくなもの食べてないあなたにはいい薬でしょ」




 「悪かったな。料理できねえんだよ」




 俺とアウラの会話を聞いて、ハイルは疑問に思う。




 「チートスキルで料理具現化すればいいじゃない」




 おおその手があったか。次からそうしよう。




 「駄目よ。料理は手作りこそ至高よ。明日からお昼弁当作ってあげるわよ」




 本当ですか!? 嬉しすぎるぞ。




 「ちょっと待ちなさい。私が作ります」




 まさかのイドラ参戦。




 「私も作りましょうか」




 ええ、ハイルも参戦。




 嬉しいけど何か地獄絵図になってきたような。




 「それなら私だって作るわよ」




 エミリアお前は料理出来ねーだろうが。




 俺を殺す気か。




 クラーラだけは無関心のように一人ハンバーグを食べていた。




 俺を見てニヤニヤして。




 どこも無関心じゃねーなこいつ。




 この日夜遅くまで誰が弁当作るかで揉めていた。




 俺ってこんなにモテてたっけ。




 つーか疲れたー。




 俺は自分の寮に帰ると脳内に今日の出来事を思い出す。




 まあたまにはいいかこういう何気ない日常があっても。




 そうだ、明日はヴァイゼから転生者について聞かないとな。




 俺は今日の出来事の興奮のせいで寝れなく、自分の首飾りを見る。




 やばいな。実の両親の顔が覚えていない。




 いつか会えるのだろうか。




 俺は眠りにつく。




 しかし、ある大きな物音で起きた。




 なんだ、なんだ。




 「痛いわね。しかもビスケットしかないなんて貧相ね」




 そこには風を纏った謎の妖精、いや精霊がいた。




 何で俺の寮にいるんだよ。




 俺トラブルメーカーかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます