第6話 チートスキル発動しちゃいました。

夜が明けて、起床すると森の奥から咆哮らしき音が聞こえた。


 なんだよ。朝からうるさすぎるだろ。それに魔力を感じる、敵でもいるのか?


 「誰かいるわね。出てきなさい」


 アウラの問いに一人の獣の耳を付けた美少女が姿を現す。


 可愛いんだが、獣人族の者なのだろうか。うーん前世でもケモナーは存在したし、悪くはない。


 「私の森に何か用ですか? ここは私が作った森です。用がないなら出て行ってください」


 お前が作った森かよ。糞迷惑な奴だな。しかし森作れるって凄い魔力の持ち主だ。


 「何のために森作ったんだ? 単刀直入に言うと邪魔なんだが」


 「身を隠す為に森を作りました。敵は悪魔です」


 成る程身を隠す為に森を作ったのか、理には敵ってはいるか。


 敵は悪魔って、恐らく隣国支配している悪魔だろうな。


 「悪魔に狙われる理由は? それと自己紹介しないか」


 名前すら知らないなんて話にならないからな。


 「俺はルクス。右からアウラ、クラーラ、エミリアだ。宜しく」


 「私はファーリーです。悪魔に狙われる理由は私の持っている宝石に関係しています。これはこの世界に散らばる七つの宝石の一つです。七つ全て集めると伝説の島の扉が開くらしいです。詳細はよく知りません」


 意外と理由が重い。何そのファンタジー小説に出てくる設定みたいなの。


 まあファンタジー世界なんですが。


 「俺が守ってやるから森消してくれない。悪魔ぐらい俺が退治してやるよ」


 「信用出来ません。早く森から出て行ってください。じゃないと森があなた達を襲いますよ」


 はあ~。めんどくせえ。もういいや、チートスキルで森破壊しよう。よし決めた。


 チートスキル発動

 悪魔の剣デーモンソード

 

 エミリアの時は手加減してたけど、森破壊なら少し本気出すか。


 俺は次の瞬間、悪魔の剣デーモンソードで森そのものを真っ二つに斬る。


 更に追加で森そのものを抹消させる。


 チートスキル発動

 存在抹消ザインイレーザー


 ターゲットを森にして森を抹消させる。


 ファーリーは驚きのあまり地面に座り込み、他三人は言葉を失っていた。


 あーあチートスキル発動しちゃいました。目立つの嫌いなんだよな。


 強すぎるのも問題です。


         ~~~~~~~

 「強いわね。森が一瞬にして消失した。正直ゾンネ様より強い。これは脅威だわ」


 仮面を付けた赤髪の少女は遠くからルクス一行を観察していた。


         ~~~~~~~

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます