第85話 謎の覆面剣士……スレイヤー参上!!

 その美しい一閃を見るまで、ローズは死を覚悟していた。自身が捕らえられ利用されてしまえば父の死が無駄になる。それだけは、絶対に許せなかった。


 死は恐ろしかった。


 しかし切り抜けるにはそれしかなかった。王女に生まれ、わがままも言った。ただ、それでも、ローズが思う王女の務めは果たしてきたつもりだ。


 だから、これが最後の務めだ。


 そう覚悟を決めていた。


「あ、あなたは……」


 しかし、すべてを薙ぎ払い現れた青年の美しい剣を見た瞬間、ローズの心に幼き日の思いが蘇った。


「偽りの時は終いだ……」


 そしてジミナは自分の顔に手をかけて剥いだ。


 会場がどよめいた。


 皮を剥いだジミナの顔の下に、見覚えのある仮面が現れた。


 そして、黒き液体が螺旋を描き彼を包み込む。


 螺旋が集束した後、そこに現れたのは漆黒のロングコートを纏った男。


「シャドウ……」


 誰かが呟いた。


 しかし、ローズにとって彼はシャドウではない。


 彼はローズが剣士の道を歩むきっかけとなった、美しい剣を振るう憧れ。


「シャドウ、あなたはまさか……スレイヤーさん?」


 ローズの脳裏に幼き日の記憶が蘇った。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 かつて一度だけ、ローズは誘拐されたことがある。


 父の公務でミドガル王国を訪問した時、ローズは滞在先からこっそり抜け出して遊んでいた。平民の子供たちと遊んでいると、ふと視界が暗くなった。


 次の瞬間、ローズは気を失った。


 気が付くとローズは薄暗い小屋の中で拘束されていた。


 手足は荒縄で縛られて、口には猿轡を詰められている。


 外傷はなかったが、それ以上に恐怖と不安で震えが止まらなかった。


「身なりのいいガキがいたと思ったら、まさかオリアナ王国の王女様だったとはな!」


 隣の部屋で盗賊たちが話している。


 おそらく所持品を調べられたのだろう。ローズの身分はバレていた。


「流石親分! ツイてますねぇ!」


「馬鹿野郎、これが実力ってやつよ!!」


 下品な笑い声が響く。


 ローズは己の身を案じ絶望した。盗賊の選択は二つだ。ローズを人質にオリアナ国と交渉するか、ローズの身を価値が分かる人間に売るかだ。


 きっと、彼らは売るはずだ。ローズの利用価値は高いが、たかが盗賊では扱いきれない。


 売って、安全に金を手に入れるはずだ。そして、ローズはオリアナ王国の敵に利用される……。


 その事実に、ローズは恐怖した。


 身をよじり、縄をほどこうともがく。


 猿轡ごしに叫ぶ。


 しかし、彼女の抵抗は無駄でしかなかった。


「おっと、お姫様が起きたみたいだぜ」


「おい、様子見てこい」


 そして、足音が近づいてくる。


 ローズの叫びは悲鳴に変わり、涙が零れ落ちた。 


 小屋の扉が開かれようとした、その瞬間。


「ヒャッハー!! てめぇら金を出せ!!」


 場違いな、子供の声が響いた。


「な、なんだこのガキ!」


「どっから現れやがった! 殺せ!!」


「おらおらおらぁ!!」


 何かが風を切るような音。


 そして悲鳴が響いた。


「な、なんだこのガキ! 強ぇぞ!?」


「馬鹿な! 一瞬で三人も!?」


「君たちはスタイリッシュソードの練習台だ」


 再び風を切る音。


 ローズの鼻に濃厚な血臭が届いた。ローズは恐る恐る、扉の隙間から覗く。


 そこに、ズダ袋を被った子供と逃げ惑う盗賊がいた。


「逃げる奴は盗賊だ! 逃げない奴は訓練された盗賊だ!!」 


「ひ、ひぃぃぃ!」


「や、やめッ!!」


 ズダ袋を被った子供が剣を振った。


「――ッ!?」


 その軌跡の美しさに、ローズは状況を忘れて目を奪われた。ローズは剣のことはよくわからない。


 だがこの剣は……ローズが今まで見聞きしたどんな芸術より美しかった。


 剣は鮮やかに盗賊の首を刈り、悲鳴は途絶えた。


 ローズはただ茫然と、ズダ袋を被った子供を見つめた。


「わざわざ遠征したのに、金持ってないパターンか。ん? まだいるね」


 ズダ袋を被った子供はローズの視線に気づき、小屋の扉を開けた。


 小屋の中に光が差し込み、ローズとズタ袋を被った子供の目が合う。


「攫われてきた子供か。災難だったね」


 ズダ袋を被った子供が剣を振った。その剣筋もただ美しく、ローズの目を魅了した。


「帰り道に気を付けなよ、バイバイ」


 ズダ袋を被った子供はスタスタと去っていく。


 気づくとローズの拘束は切られていた。


「ま、待って!」


 ローズは必死で呼び止めた。


「なに?」


 ズダ袋を被った子供は足を止め振り返る。


「あ、あなたはいったい誰?」


「僕? 僕はそうだな、まだ修行中だし……通りすがりのスタイリッシュ盗賊スレイヤーさ」


「スタイリッシュ盗賊スレイヤーさん……あの、ローズは何かお礼がしたい」


「んー。なら僕のことは誰にも話さないでくれると嬉しいな」


「う、うん、わかった」


「じゃ、頼んだよ」


 そう言って、スタイリッシュ盗賊スレイヤーは姿を消した。


「スタイリッシュ盗賊スレイヤーさん……」


 彼は絶望的なローズを助け、その運命を変えた。彼女はその美しき剣と在り方に憧れて、その日から剣の道に進んだのだ。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 それは大切な、幼き日の記憶。誰にも話したことがなかった、ローズだけの秘密。


 だけど、この瞬間、ローズは秘密を初めて口にする。


「シャドウ……あなたがスタイリッシュ盗賊スレイヤーさんだったのですね」


 シャドウは答えなかった。


 しかし、ローズにとって沈黙が答えだった。


 まだ幼い頃から、彼はずっと悪と戦い続けてきたのだ。ローズを助けたあの日のように、人知れず誰かを助けていたのだ。


 シャドウの言葉がローズの脳裏に蘇る。強さとは力ではなくその在り方……そう、シャドウの在り方こそが強さだったのだ。


 ローズは安易に死を選ぼうとした自分を恥じた。


 まだ、彼女は戦えたはずだ。しかし生きることが辛くて、失敗することが恐くて、すべてを終わらせたかった。


 死は逃避だったのだ。


 ローズはまだ戦える。


 彼女は彼の美しい剣と――その在り方に憧れたのだから。


「貴様の戦いは、まだ終わってはいない……」


 シャドウが漆黒の刀を突いた。


 それは、会場の壁に刺さり大穴を開ける。


「往け……」


「はい!」


 ローズは細剣を拾い迷わずその穴に飛び込んだ。彼女にはまだすべき事があるのだ。


「ま、待てッ!!」


「往かせぬぞ……」


 そして、シャドウが穴の前に立ち塞がった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます