第53話 か弱い乙女の脱出作戦

 ヴァイオレットさんを倒した僕は全力ダッシュで追手を振り切り、念のためリンドブルムも脱出し山中に潜んだ。


 しばらくしてもういいかなと、僕は普段の姿に戻りほっと息を吐いた。


 これで何とかごまかせただろう。会場は今頃、謎の実力者シャドウの話で持ちきりで、魔剣士学園のモブの事なんて忘れているのだ。


 今日は頑張ったから温泉に入ってもう寝よう。そう思って立ち上がった僕の前に、突然変な扉が現れた。


 山の中に薄汚れたみすぼらしい扉が浮かんでいるのだ。どす黒い染みはどう見ても乾いた血の痕だろう。


「何これ」


 怪しいなんてもんじゃない。さすがの僕も回避余裕である。


 僕は踵を返す。


「おい」


 さらに反転。


「嘘だろ」


 後方にジャンプ。


「マジか」


 僕の動きに扉は全力で着いてきた。


 距離をとっても、どの方角を向いても、後方宙返り百回捻りを加えても、扉は僕の前に現れるのだ。


 ならば仕方ない。


「斬るか」


 僕は言葉と同時に抜刀し扉を切り刻んだ。


 しかし。


 切れた瞬間元通りだ。


 僕は刀を納めて考えた。


 こんな汚らしい扉を連れて街に戻るのは無しだ。どう考えても目立つ。


 そもそもこの扉は何だ。周囲に人の気配もないし、いたずらの類でもなさそうだ。扉の後ろには何もない。


「異世界式ど〇で〇ドアかな」


 かなり必死な感じで付いてくるし、つまり僕が入れば解決なんだろう。でも今日は温泉に入って眠りたい気分なんだ。


 僕は三十秒ぐらい真剣に考えて答えを出した。


 まいっか、さっさと終わらせよう。


 薄汚い扉を開くと吸い込まれるような深い暗闇が広がっていた。僕は入った瞬間即死のパターンはやめてね、と願いながら暗闇の中にダイブした。






 気が付くと僕は石造りの部屋にいた。


 殺風景な部屋だ。扉が一つと、そして四肢を壁に貼り付けられた女性が一人。ヴァイオレットさんだ。


「やあ」


 僕は彼女に声をかけた。彼女は僕の方を見て、驚いたように目を見開いた。


 そして「……やあ」と僕を真似るように言った。


「さっきぶりね」


「だね。もしかして君が僕を呼んだのかな」


「呼んだ……? そんなつもりはないけど。ただ、楽しかったわ」


「僕もだよ」


「私の記憶は不完全だけど、覚えている中ではあなたが一番強かった。私の時代に、あなたがいてくれればよかったのに……」


「光栄だね」


「それで、あなたはどうしてここに?」


 彼女は不思議そうに僕を見つめた。


「突然扉が現れて中に入ったらここだったんだ」


「よくわからないわ」


「僕もだよ。ちなみにここから出る方法とか分かる?」


「どうかしら。私も出た記憶がないのよ」


「さっき僕と戦ったけど」


「気づいたらあそこにいたの。あんなことって初めてよ。覚えている限りね」


「そうなんだ。困ったな」


 僕はどうしようか頭を捻って考えた。


 扉があることだしまずは先に進んでみようと決めた時、ヴァイオレットさんは唇を尖らせて僕を呼んだ。


「あなたの目の前に四肢を拘束された美女がいます」


 ヴァイオレットさんが言った。僕は十字に拘束された彼女を見て頷いた。


「いるね」


「とりあえず、助けてみませんか」


 僕は少し首を傾げて、それからどうやら思い違いをしていたことに気づいた。


「ああ、ごめん。修行中かと思った」


「なぜ」


「昔そうやって修業したんだ」


 僕はヴァイオレットさんの拘束具を学園支給の剣で壊し解放した。スライムソードは使えなかった。


 彼女は気持ちよさそうに伸びをして、どこか懐かしむように微笑んだ。


「ありがと。ざっと千年ぶりの自由ね」


「そうなんだ」


「適当よ。覚えていないから、最低それぐらい」


 彼女は薄いローブの乱れを整えて、艶やかな黒髪を右耳に掛けた。それが彼女のスタイルみたいだ。


「さて、私たちの目的は一致している」


 彼女は涼しい顔をして言った。


「うん?」


「私は解放、あなたは脱出。そうでしょ?」


「ああ、そうだね」


「協力しましょうか」


「いいけど、脱出の方法は分かるの?」


「分からないわ。でも解放の方法は分かる。聖域は記憶の牢獄よ。聖域の中心に魔力の核があるの。それを壊せば私は解放されるわ」


「君だけ?」


 彼女は横目で僕を見て、いたずらっぽく微笑んだ。


「何もかもすべて。あなたも出られるはずよ」


「聖域なくならない?」


「いいじゃない、無くなっても。あなた困るの?」


 僕はヴァイオレットさんの問いを頭の中で反芻し考えた。


「よく考えたら困らないかな。それでいいや」


「決まりね。あと気づいていると思うけど、魔力は使えないわ。ここは聖域の中心に近いの。魔力を練るとすぐに聖域の核に吸い取られるわ」


「みたいだね」


 以前のテロリスト襲撃事件よりもずっと強力なやつだ。魔力を練るとすぐに消えてなくなる。色々試しているけど、これは少し時間がかかりそうだ。


「問題ない、壊すのは得意なんだ」


「あら、頼もしいわね。ちなみに私、魔力が使えないとか弱い乙女よ。一度ナイト様に守られてみたかったの」


 彼女はまたいたずらっぽく微笑んだ。その余裕はとてもか弱い乙女には見えない。


 彼女は僕を先導するように進み、迷いなく扉を開ける。


「ねえ、君は解放されたらどうするんだい」


 僕はヴァイオレットさんの背中に問いかけた。


「消えてなくなるわ。ただの記憶だもの」


 彼女は振り返らなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます