第39話 あと一日だけ生きてみたい

 ローズはその蜂蜜色の瞳で黒ずくめの男たちを観察していた。


 彼女が大講堂に連れてこられてもうずいぶん時間が経った。既に日は沈みランプの暖かな光が講堂を照らしている。


 腕を縛っていた拘束具は隠し持っていた小さなナイフで切った。ローズは拘束されている風を装いながら椅子に座り、小さなナイフは隣の生徒会の少女へ、そしてさらに向こうの生徒へと順々に渡っていることだろう。


 彼女自身はいつでも動ける。だが動いても無駄だということも存分に理解していた。


 黒ずくめの男たちは数こそ少ないが、一人一人が油断できない実力者だ。しかも統率が取れている。


 中でもレックスと呼ばれていた男と、その上官と思われる『痩騎士』の力は抜きん出ている。実力を見誤り反抗した教師は何もできずに惨殺された。


 たとえ魔力を使えたとしても、勝てるかどうかわからない。


 幸いなことにレックスの姿はしばらく見ていない。外で騎士団に倒されていればいいが……レックスほどの実力者が不覚をとるとは思えない。レックスが戻ってくるまでに何とかしたいというのが、ローズの正直な思いだった。


 痩騎士は奥の部屋に籠っていることが多いが、時たま姿を現して大講堂を見回り、レックスが戻ってこないことに悪態をついていた。


 痩騎士の濃密な魔力やその佇まいから、その実力は達人の域を超えているだろう。もしかするとあのアイリス・ミドガルすら凌ぐか……それはないと思いたい。もしそうだとすればたとえ魔力を取り戻したとしても、ローズが痩騎士に勝てる見込みは限りなく低くなる。


 どちらにせよ、今はまだ動く時ではない。


 だが、時間がないのも事実だ。


 時が過ぎるにつれて、ローズは肉体から魔力が抜けていくのを感じた。おそらく魔力が使えない現象と関係しているのだろうが、確かな理由は分からない。ローズにはまだ余裕があるが、魔力量の少ない生徒は体調を崩しはじめている。あと数時間すれば魔力欠乏症になる生徒も出るだろう。そして反撃の機会は永遠に失われるのだ。


 心にこみ上げる不安と、焦り。


 それを抑え込むのはいつだって、一人の少年の姿だ。


 身を挺してローズを救ったシドの雄姿を思い出す度、ローズの胸に熱いものがこみ上げてくる。


 彼の想いを決して無駄にはしない。そう何度も念じながら、ローズはその時を待った。


 そして、その瞬間は唐突に訪れた。


 突如として、大講堂が白く眩い光に照らされた。


 それが何なのかはわからない。しかしローズは考えるより速く動いていた。


 その光が何だっていい。ただ、これが最後の機会であることを本能で感じ取った。


 眩い光に誰もが目を奪われる中、ローズは目を細めて身近な黒ずくめの男へと駆けた。


 その隙だらけの首に手をかける瞬間、ローズは気づいた。


 魔力が使えるッ!


 ローズの手刀が男の首を一瞬で断ち切った。


 なぜ魔力が使えるようになったかはわからない。それこそどうでもいい。


 ただ、ローズは首から上を失くした男の腰から剣を奪い、それを天に掲げて吠えた。


「魔力は解放された!! 立ち上がれ、反撃の時だッ!!」


 大講堂が沸いた。


 生徒会の少女が動き、瞬く間に拘束を断ち切り、そして自由になった生徒たちが動き出す。


 皆の意思が一つになり、その熱狂が空気を震わした。


 ローズはその莫大な魔力を解放し、その一撃で黒ずくめの男を吹き飛ばす。


 ただ、勝利を。


 今この瞬間、自身が反撃の象徴であることをローズは自覚した。


 ローズが戦い続ける限り、皆も戦う。


 誰にでもわかる勝利を見せ続けるのだ。


 ローズは魔力配分など考えずに、ただ全力で剣を振るう。


「生徒会長に続け!!」


「剣を奪え!!」


 注目を、敵意を、喝采を、その一身に受けながら数多の敵を屠り、幾多の生徒を解放し、戦い続ける。


 その姿はまさに英雄譚に描かれた伝説の英雄のようだった。


 誰もが憧れ、その姿を追いかけた。


 だが、それは魔力の配分を無視した無謀な突貫でもあった。


 いくら膨大な魔力があるといっても、魔力を抜かれ続けていたローズの限界は近かった。


 彼女自身それを感じながら、冷静に限界を見据えていた。


 失われていく魔力、鈍くなる剣筋、そして重くなる肉体。


 一撃で倒していた相手が二撃に。二撃が三撃に。


 あと少し、もう少し……その思いとは裏腹に、いつしかローズは囲まれていた。


 あと一人、それで限界を迎えるだろう。


 大講堂を生徒たちの熱気が包んでいる。たとえここでローズが倒れても、彼らはもう止まらない。


 一人の少年の想いがローズに、ローズの想いが皆に。いくつもの命が散りながら、その想いは確かに受け継がれていった。


 無駄ではなかった。


 少年の死も、そしてこれから来る自身の死も。


 芸術の国のローズが剣を志したのには理由があった。それは誰にも話したことがない、本当にくだらない子供の夢だ。


 ただ、ローズはそれを本気で追いかけてきた。


 その夢に、自分は少しでも近づけたのだろうか。 


 そんなことを思いながら、ローズは最後の剣を振るった。


 その一撃にはもうほとんど魔力が込もっていなかった。力も入っていなかった。速くもなかった。


 だが今までのどんな一撃よりも美しく、敵の首を刈り取った。


 それはローズの人生で最高の手応え。


 その瞬間、ローズは何か大切な感覚を掴んだような気がした。


 ただ……。


 それが人生の最期に訪れたことが、悔しかった。


 四方から降り注ぐ刃を見据えながら、ローズはあと一日だけ生きてみたいと願った。


 そして。


 その願いは、叶った。


 漆黒の旋風が吹き荒れた。


 それは鮮血を撒き散らし、ほんの刹那の間に周囲の敵を一掃した。


 時を止めたかのように、辺りが静まり返った。


 その中心に、漆黒のロングコートを纏った一人の男が佇んでいる。


「見事だ、美しき剣を振るう者よ……」


 その深淵から届くような声は、ローズに向けられていた。


 それは先のローズの剣を称えた言葉なのだろう。だが、ローズはそんな言葉では表せないほどの衝撃を受けていた。


「我が名はシャドウ」


 シャドウと名乗るこの男の剣は……ただ、凄まじかった。


「わ、私はローズ。ローズ・オリアナ……です」


 衝撃から立ち直れずに、震える声でローズは言った。


 シャドウの剣は遥か高みにあった。幾多もの技術が融合され、淘汰され、研ぎ澄まされた、弛みない修練の先にある剣。 ローズはそこに悠久の時を感じた。


 それは未だかつてローズが見たことのないほど完成された剣だった。


「来たれ……我が忠実なる輩下よ……」


 シャドウが青紫の魔力を天に放つ。その光を浴びながら、黒装束の一団が大講堂に飛び込んできた。


 まさか、新手が……?


 ローズの不安は杞憂に終わった。


 黒装束の一団は華麗に着地し、即座に黒ずくめの男たちと戦いだしたのだ。


 仲間割れ……という雰囲気ではない。騎士団の人間にも見えない。


 よく見ると黒装束の一団は全員が女性だ。そして。


「強い……」


 その誰もが強い。ただ純粋に強かった。


 黒ずくめの男たちは瞬く間に数を減らしていく。


  彼女たちの剣はみなシャドウの剣と同じだ。この猛者たちを従えているのがシャドウなのだ。


「シャドウ様、ご無事で何よりです」


「ニューか」


 シャドウの傍らに黒装束の女性が跪いていた。


「首謀者は学園に火を放ち逃亡しています」


「愚かな……此処は任せるぞ」


「はっ」


「逃げられるとでも思っているのか……?」


 シャドウは低く嗤った。そしてロングコートを翻し、たった一太刀で大講堂の扉を切り刻む。付近にいた黒ずくめの男たちもまとめて肉塊に変える。


 それは少しローズの剣に似せていた。彼はまるでその剣を見せつけるかのように薙ぎ払い、そのまま悠揚と夜の闇に姿を消していった。


 彼の動きすべてが、ローズにとって最高の手本だった。


「無事か?」


 ニューと呼ばれた女性が、ローズに声をかけた。


「はい……」


「素晴らしい剣だった」


 彼女はそう言って、漆黒の刀を構え戦いに加わった。


 しかし、ニューの剣もまた尋常ではなかった。黒ずくめの男たちが一方的に切り伏せられていく。


 ローズの常識が、いや魔剣士の常識が壊れていくような感覚。


 黒装束の集団が振るう剣は、既存のどの流派にも当てはまらなかった。


 全く新たな剣の流派。


 これほどの流派が、これほどの集団が、いったいどこから現れたのか。今まで知られずにいたことが不思議でならなかった。


「火だ、火が回るぞ!!」


 その声でローズは我に返った。


 見ると大講堂の奥から火の手が上がっている。


「出口が近い人から外へ!!」


 ローズは叫んで生徒たちを誘導する。


 黒装束の集団のおかげで犠牲者も少なく済んだ。戦闘は終わりを迎えようとしている。


 ローズは負傷者に肩を貸し出口まで送る。


「騎士団が来たぞ!!」


 その声に誰もが安堵した。ローズも力が抜けて倒れそうになり、慌てて気を引き締めた。


 大講堂から続々と生徒が助けられていく。火の勢いは強くなり、黒ずくめの男は全滅していた。


 そして、いつの間にか黒装束の女性たちは消えていた。


 まるで最初からいなかったかのように、何の痕跡も残さず、誰にも気づかれず、鮮やかにその姿を消したのだ。


 ローズは最後まで生徒の救助を手伝い、燃え盛る大講堂を振り返った。


「彼らはいったい……」


 ふと、ローズはニューの声を思い出した。


 その声は懐かしく、どこかで聞いたことがあるような気がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます