第17話 「もっと食べたい」

「――ということがあったのじゃ。」

 落ち着いたナイアから話を聞いて、俺とノワールは心に錠前を掛けられたような罪悪感を得ていた。

 過去にトラウマを持っている幼女をいじるとか、俺たちはまさに外道だった。

「ノワール。ちょっと、鉄板を焼いてくれないか? ……今なら、五秒でも十秒でも土下座出来る気がする」

「ご主人。それより、刀を持ってきてください。セプクをセプクをしなければ……」

「ノゾム!ノワール! 顔を上げるのじゃ!! 妾はもう気にしておらんのじゃ!!」

 ナイアはいつも通り笑顔で、俺たちを許していた。

 相も変わらず頭痛薬もびっくりな優しさだった。

 ああ。

 守りたいこの笑顔。

「分かった。ナイアありがとう。……それじゃ、話を戻すぞ。……ええっと、何の話をしてたんだっけ?」

 俺は最後にナイアに礼をいって、気持ちを切り替える。

 ナイアも湿っぽいのは好きじゃないだろうし、それを知りながら謝るのはただの自己満足だ。

 俺が求める満足とはそういうのじゃない。そういうのは満足民のすることではない。

 それじゃ、満足できねぇぜ!!

「確か、この一ヶ月で稼いだ20万で、私のステータスをどう上げるかという話だったかと」

「そうじゃのう。確かそうじゃった」

 そうだった。そうだった。

 ……その時、俺に電流走る。

「なぁ、ノワール思いついたんだが……」

「なんでしょう?」

「直接、金を稼げそうなスキルはないか?」

「そこに気づくとは……」

 ノワールにもその発想は無かったようだ。

 やはり俺は天才か。

 そう言う訳で、該当スキルの絞り込みをした結果がコレだった。。


 <スキル一覧>

 スリ(初級)

 恐喝(初級)

 詐欺(初級)


「……そりゃあ、そうだわ」

「これはなんとも……言えませんね」

ノワールと二人でアゴを尖らせ、……ざわっ……ざわっと騒いでいると――

「このスキルを取るのは、止めて置いた方が良いのぅ。」

 ――ナイアにやんわりと止められた。

 取りそうに見えたのか。少し心外である。

 ……でも、正直スリにはちょっと憧れる。

 ワルサーP38とか、世紀末の魔術師とか。

 泥棒、怪盗はロマンだろう。

「まぁ、元から取るつもりはないけど、ナイアが止めるってことは理由があるのか?」

「うむ。この世界では、極稀に<鑑定>というスキルを使えるものが居るのじゃ。能力としては相手の情報を見るものじゃがのう」

「ふむふむ」

「普通、スキルと言うのは日常的に同じ行動を繰り返し、習得するものじゃ。……ならば、スリや恐喝といったスキルを持っていると分かればどうするかの?」

 あ、確実に斬首ですわ。ZAPですわ。ZAP。

「ノワール。地道にいこう」

「……ですね。」

 という訳で、やっぱりステータスを上げることにした。

「それじゃあ、どのステータスを上げるかなんだが……ナイア、どう思う?」

「いずれは、何か一つにを絞るべきかもしれんが、今の時点ではどのステータスも低すぎて、何かあった時にあっさりと死にかねんのじゃ。妾としては全体を程よく上げるのが良いと思うのぅ」

「ノワールはそれでいいか?」

「五百年生きた魔王の言葉です。私も死にたくはないのでそうしましょう。……それじゃあ、ご主人。操作をお願いします。」

「うん? 俺がやるのか?」

「ええ。私の貯金額を利用したスキルやステータスの購入は、ご主人にしか操作できません」

「ふむふむ。ならこんな感じで」


 名称

 <ノワール>


 LV:1

 HP   :40/40  (+20)

 MP   :20/20


 攻撃力  :5

 防御力  :10    (+5)

 魔力   :5

 魔力防御 :10    (+5)

 速さ   :15    (+10)


 所持スキル


 称号

 <ユニークスキル>

 <自我を持つ者>


 貯金額

 ¥0.-


 俺は二十万を消費して、ノワールのステータスを購入した。

 購入したステータスの内訳は、HP+20、防御力+5、魔力防御+5、速さ+10である。

「あ、均等に伸ばした訳ではないんですね?」

「四十しかなかったからな。死ににくくするなら、この方が良いかと思ってな」

「ふむ。良いと思うのじゃ。まぁ、まだまだ安心できるステータスではないがの」

「まぁ、そこは今後もおいおい上げていくということで」

 こうして、俺たちの会議は終わった。

 時間にして一時間くらいの筈なのに、果てしなく長かった気がする。

「よし。最後になにか現状に不満があるやつはいるかー?」

 ノワールもナイアも手を上げなかった。

 このパーティで会議をして初めてのことである。

 俺たちはやっと本当のパーティになれたのかもしれない。

 気づけば三人とも笑っていた。


 さぁ、ここから新しい世界を歩き出そう。

 俺と猫と魔王で……


 俺たちの冒険はこれからだっ!!


 ぐぅぅぅぅ~。

 そこで、ナイアの腹がなった。

「そう言えば、腹が空いたのじゃ」

「ああ。確かに良い時間ですね。ご主人。午後の依頼に行く前に何か食べていきましょう」

「……」

 俺は動きを止めた。

 ……うん。さっきノワールに所持金を全額入れたから、一円たりとも残ってないのだ。

「ご主人?」

「どうしたのじゃ? ノゾム。早う行かねば午後の依頼も無くなるぞ?」

「……すまん。ノワールに全額入れたから、金がない」

「なん……じゃと……?」

「ご主人ェ…」

 ……うん。正直スマンカッタ。

「ウガァ……クトゥン……」

「え? ……あっ! ちょっとナイア!! しっかりしてください!! ナイアっ!!」

 あ、やばい。腹が減り過ぎたナイアから冒涜的な声が漏れてる。

 食い物の恨みは天使を魔王に変えるらしかった。



 ……

 …………

 それからのことは思い出せない……

 どうやって逃げたのか。俺は頭にノワールを乗せ、気づけばギルドに来ていた。

 ……だが、ナイアは諦めた訳ではないだろう。

 俺とノワールは身を寄せ合いながら、曰く名状しがたい恐怖と戦っていた。


 あぁ……!! 窓に! 窓に!!!!


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます