それでも人はあたしを勇者と呼ぶ

作者 高柳神羅