辞世の句

アキタタクト

辞世の句

僕は疲れた。

一足先に天上の園へ向かうとする。

愛しい君よ、僕の女神よ。

僕の頭をもう一度撫でてくれないだろうか。

それだけで僕は、不満だらけの人生に納得することができる。

ただ頭を撫でるだけでいい。

僕はそれ以上何も望まない。

君の愛を受けられるなら、本能の欲求だって霞んでしまう。

僕の女神よ、叶うならばどうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

辞世の句 アキタタクト @AkitaTakuto

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る