幕間 とある過去の話②


「ごめんなさいお父さん。きっと、たぶん、見ちゃいけないものなんだよね。

 変なものや、嫌なものや、たくさんのもの」

「お前のせいじゃない。

 ……やはり、血は争えないようだ」

「え?」

「お前はじいちゃんにそっくりだよ。じいちゃんもそういう人だから」

「そうなの?」

「お前が危険な目に合う前に、会ってみた方が良いかもしれんな。今度行こう」

「うん!」

「……あの、」

「なんだ、もちろんお前も行くぞ」

「よかった!」

「当たり前だろ。お前らは、二人そろって俺の子なんだから」





「俺はな、お前たちに普通の人生を歩んでほしかった。普通の会社に行って、普通の家庭を築き、生きてゆく。そんな、家柄や血筋に決められない生き方をして欲しかった」

「お父さん……」

「むしろ俺が逃げたせいかもしれん。すまん」

「親父は何も悪くねえよ」

「そうだよ。二人で決めたんだ。あの日、あの場所に行った時。俺たちはあの場所にいるべきだと思ったんだ。

 ……あの、社に」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます