第175話 魔界からの使者


国母スピナ様っ! まっ、魔界から・・使者と申す者が参っております!」


 離宮の近衛隊長が声を張り上げたのが聞こえた。


 その声を、国母様が招待したお茶会の面々は、離宮の中庭にある草木の瑞々みずみずしい庭園で聴いた。


「おっ、来たね。ここに通してよ」


 今っているのだという、野草茶を注ぎながらフレイテル・スピナが給仕の女に声を掛けた。


 無言で一礼し、女中が急ぎ足で庭園の垣根へと向かう。


「魔界か・・魔族だろうけど、誰かなぁ?」


「近衛が慌ててるみたいだし・・滅多に来ない?」


「今の子になってからは初めてかも? 魔族にとっては、魔瘴の薄いこっちは生活環境とか厳しいんだよ。だから、滅多に出て来ないんだ」


「そうなんだ」


 まあ、そう聴くと納得かも。強い連中がいっぱい居るのに、どうしてこちら側・・北半球へ攻めてこないのか不思議だったんだ。


「それでも来たってことは、向こうでも大変な事があったんだねぇ」


 フレイテル・スピナがお茶を飲みながら息をついた。


 その時、先ほどの女中が近衛らしい騎士をともなって戻って来た。


国母スピナ様・・」


「あれ? 使者さんは?」


「そのぅ・・」


 近衛騎士がそうっと後方斜め上を振り仰ぐ。


「ん?・・あれ、巨人族の人かぁ、珍しいね」


 フレイテルの見上げる先に、5メートルはあるだろう身の丈の甲冑姿の男が見下ろしていた。大きすぎて、中庭の回廊をくぐれないので、平屋の回廊越しに上から覗き込んでいる。


「・・あれ、前に見た巨人の人じゃん」


 初めて迷宮の旅館まで潜った時に会った巨人族の男だった。蓬髪ほうはつだった頭は綺麗に整えられて見違えるようだったけど、単眼で大きな黄金色の瞳は変わらない。


 巨人も覚えていたらしく、


「おう・・久しいな。このような所で会うとは」


 僅かに口元を綻ばせた。


「魔界の使者って、あんたが?」


「うむ・・そちらの、スピナ様宛てに、我が主より言伝があってな」


「ふうん・・」


「君の御主人は、誰かな?」


 フレイテル・スピナが茶器などを脇へやりつつ立ち上がった。


「フォリレイ・ミ・シャレノ様です」


「シャレノ・・リイターブの?」


「ご子息で御座います」


「そうなんだ」


「・・俺達、外そうか?」


「ううん、居て貰って良いよ」


「そう? あんたの方も良いの?」


 巨人にも訊いておく。


「構わん。他の者に聴かれて困るような話では無い」


「そうか。じゃ・・」


 俺はそのまま居座る事にした。万一の時には、フレイテル・スピナを護らないといけないからね。ちょっと、そこに居る近衛騎士の手には余る強者ですから・・。


(あの時より随分と強くなっているけど・・まあ、勝てるね)


 デカいだけの奴じゃ無い。技もあるだろうし、戦いの経験も凄まじいのだろうけれど・・。


「貴族階級の悪魔が顕現けんげんし、ロダンバズ・モーゲル公爵を悪魔へと堕とした。他にも、トフロン・バジーラ、ジントン・ゼタ、ネバンキ・イープ・・名だたる魔人が悪魔堕ちをしている」


「・・それだけかい?」


「ただ、そう伝えろと」


「ふうん・・訊くけど、リイターブ・グ・シャレノはどうしたんだい?」


「・・貴族階級の悪魔との戦いで身罷みまかった」


「その貴族は?」


「フォリレイ様が討ち取った」


「そっかぁ・・」


「悪魔貴族といえど、リイターブ様との戦いで疲弊いちじるしく・・フォリレイ様も深手を負い、重篤だったが・・今は回復して休んでいる」


「顕現した貴族級は何体なんだい?」


「・・分からない。シャレノ領内だけで3体が確認され、内1体を仕留めた。残る2体は悠々たるものだ。我が物顔で領内を破壊して回っている」


「そんなに沢山の貴族級が出てくるなんて・・」


「星が降った。あれと共に悪魔の巣が落ちて来たのだと、星詠ほしよみ様が言っている」


星詠ほしよみ様・・あの人、生きていたんだ?」


「危険を予知し、魔界各領へ報せを届けて下さったのだ」


「なるほど・・」


「そう言えば・・ふむ」


 巨人の単眼が俺を見た。


「なぁに?」


「いや・・これは、恐らくお主の事だと思うが・・星詠ほしよみ様から伝言を預かったのだが・・館の伝言は受け取った。しばらく、魔界を動けないので、出来れば届けに来て欲しい・・と」


「・・む? もしかして、ホウマヌスさん?」


「やはりっ・・お主の事であったか。そう、ホウマヌス様だ」


「おおお・・良かった。旅館が壊れちゃってたから心配してたんだ」


「うむ、あの場にも貴族共が来たようだが、何とか撃退したらしい」


「コウちゃん、星詠ほしよみの人を知ってるのかい?」


「うん、まあ・・何度か泊まりに行ってるからね」


「・・もう、何て言えば良いのか分からないよ。ほんと、コウちゃんって・・無茶やってるよね?」


「否定はしません」


星詠ほしよみ様のお知り合いとなれば、名を聴いておかねばなるまい。俺は、ディヴァ・ズマ。おぬしは?」


「コウタ・ユウキ」


「ユウキが家名で良いのか?」


「うん、良いよ」


「・・そちらは?」


 ディヴァ・ズマと名乗った巨人の単眼が、ユノンとデイジーへ向けられる。


「俺の正室、ユノン。側室のデイジー」


「うむ・・確か、両名とも星詠ほしよみ様の館にも同伴しておったな」


「良い旅館だったのにな・・」


「5体もの貴族級が急襲したそうだ。どういう訳か、悪魔共は魔界の主要人物の所在を把握して狙い討ちにしている」


「居場所を・・」


 俺は腕組みをして唸った。


 隕石による被害は、南半球、すなわち魔界の方が酷かったはずだ。


「筒みたいな大きな船は来た?」


「うむ・・大量の機械人形を降らせて来て、人形の相手をしている間に、魔瘴脈の上に根を生やすようにして居座ってしまった」


「・・魔瘴脈?」


 俺はフレイテル・スピナを見た。


「こちらで言う、地脈・・龍脈とも言うけど。魔素を生み出す力の源だね」


「ふむ・・」


 俺には関係ナッシングなやつか・・いや、魔瘴は関係あるか。俺、角から吸って利用できるんだった。


「でもさ・・あの筒みたいなの、どう考えても悪魔達とは違うって言うか、異質なんだよね」


 フレイテル・スピナが首を傾げる。


「それ、多分・・」


 言いかけて、俺は口をつぐんだ。憶測で適当な事を言うべきじゃ無いかも?


「心当たりがあるのか?」


 訊いてきたのは、単眼の巨人だ。


「そうじゃないかなって思っただけだよ?」


「構わん。聴かせてくれ」


「・・う~ん、じゃあ、質問は無しで・・俺が独り言のように話すって感じで良い? ちょっと答えたくないところもあるから」


 手の内はあまり晒したく無いからね・・。サクラ・モチの性能やら、神域のことやら・・。


(・・ってか、俺って、まあまあ世界の主要メンバーに会ってるね?)


 神様、魔神様、龍帝、悪魔貴族に、星詠ホウマヌス様、神様とは別の"名無しの創造主"・・何気に、フレイテル・スピナなんかも、こっちの世界じゃ重要人物なのかも?


(ほほう・・)


 なんだか、知り合いに有名な男優やら女優がいるような、ちょっと自慢したい気分なんだぜ・・。


「分かった。質問は無しで。とにかく聴かせて」


 フレイテル・スピナが真剣な表情で言った。


「俺も、何も問わん。ただ聴く」


 単眼の巨人族も同意を示した。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます