第64話 論功?


 勇気をたたえられ、ご褒美を貰った。


 今度は、ルティーナ・サキールの私財では無く、神樹の森の民エルフから正式に贈られた。神樹の森は、いわゆる森の民が住んでいる樹海とは別の地域にあるらしく、人々の生活様式なども異なっているそうだ。貰ったのは、外の世の中で流通している貨幣では無く、大きな金の塊と、金より貴重だという銀色の金属だった。


 鑑精霊の査定によれば、金塊は五千棒金貨に匹敵する価値があり、銀色の金属はプライスレスとの事だった。


(・・もう働かなくても良いよね?)


 寿命の関係で、途中でお金が無くなるかもしれないけど、そもそも、命のスペアを買う以外にさしたる出費は無いのだ。


(ぷらぷら旅をするのも良いな)


 レーデウスに聴いた話では、森の人達と友好的な国々もあるらしい。外の人間の全部が敵というわけでは無いのだ。


(・・ユノンは、森の外に行くのは嫌かも?)


 そこは、ちゃんと話をした方が良いだろう。森を護りたいだろうし・・。無理に外へ出る必要は無いのだから。ユノンが嫌がるなら森に定住でも良い。


(森を護る・・となると、どこかに家でも建てて腰を据えた方が良いよな)


 俺としては、どちらでも良い感じだ。

 なんだか、寿命は長そうだし、焦って放浪する必要は無い。日本と違って、旅をすること自体が大変そうだし・・。俺の外見では色々と危険度が増しそうだった。


(真面目に、貞操とかヤバそうだからなぁ・・)


 この世界、暴漢に襲われても訴える先が無い。お巡りさんは居ないのだ。自分で頑張って!・・という世界なのだ。


 俺がやられるとしたら、大勢で囲まれて遠くから矢や魔法で攻撃され、消耗したところを強い奴にボコられる感じだろうか。


 雷兎の毛皮のおかげで、魔法・物理共にダメージはかなり抑制できるようになったけど、結局のところ戦いは数なのだ。1対1なら負けないよ・・とイキがったところで、大勢に囲まれてボコられたらお終いである。


 近づいて囲んでくれれば、雷轟で切り抜けられるけども・・。そうそう都合良くはいかないだろう。


(やっぱり、囲まれないように移動を繰り返しながら戦うしかないのかな?)


 ぼんやりと考え事をしながら、つい癖で倉庫から、みたらし団子を取り出して口に頬張る。


(ぁ・・)


 やってしまった。

 

 ここ、会議の場でした。すいません。


 あまり頭に入っていないが、樹海の防衛戦の反省会という感じだ。


 広々とした会議の広間には、顔も名前も知らない、森の民エルフやら獣顔の人やらが並んでいる。森の民エルフに並んで、アズマ本郷ホンゴウの姿もある。森の民エルフと並んでいて、美的迫力で負けていないのが怖ろしい。


「お茶、貰いますか?」


 隣に座っているユノンが訊いてくる。


「ぇ・・ああ、うん・・そうだね」


 俺が場の雰囲気を気にしながら頷くと、


「温かいお茶を頂けますか?」


 ユノンが壁際に控えている黒豹っぽい顔の人に声を掛けた。静まり返った会議場に涼やかな声がよく徹る。


「畏まりました」


 黒豹っぽい人もまた歯切れの良い野太い声で返事をする。

 おかげで、会議場はすっかり静かになってしまった。


(・・なんか、ごめんなさい)


 俺は、串に残った団子をそっと口に入れた。


「・・ユウキ殿は確かに抜群の功労者ではあるが、しかしながら、その態度はどういうつもりかな? ここは会議の場であって、茶飲みの場では無いのだがね?」


 議長っぽい事をやっていたキツネ顔の男が不快げに言う。

 実に意地の悪そうな腹立たしい顔に見える。闇夜に気をつけろと言いたい。


「いや・・ユウキ殿は自由に過ごして頂いて結構だ。元々、無理を言ってお越し頂いたのだからな」


 獅子顔の筋骨逞しい体格の男が言った。


(ライオンさん、好感度アップ・・)


「そうは言ってもな、ヘルジン・・」


 狐顔が納得いかない様子でぶつぶつと言っている。


「良いかな?」


 不意に挙手をしたのは、長い白金髪をした森の民エルフだ。レーデウスの息子だと紹介を受けている。


「先ほどから拝聴しているが・・結局のところ、捕らえられていた者達の内、4名を救い出し、27名を死亡させた。その際の戦闘で、森の側は83名が死亡、261名が重傷を負ったと・・・そういう事だろうか?」


「その通りです」


 亀顔の老人が頷いた。


「この会議は、その論功でしょうか?」


「・・今後に向けての対策を話し合うために招集いたしました」


 狐顔の男が丁寧な口調で言う。


「私は神樹の森のシンギウス。そちらにいらっしゃる異世界の方々にお尋ねしたい」


 レーデウスの息子が、アズマ達に向かって声を掛けた。


「何でしょうか?」


 代表してアズマが応じる。


「西域へ戦力を集中し対応した・・それ自体については、神樹の者が立ち入る話では無いのですが、住み慣れた森の中で、おそらくは数でも勝っていた森の者達はなぜ、これほどまでに手酷てひどく死傷者を出すことになったのでしょう?」


「・・初めの頃、敵が軍として攻めて来た時は有利に戦えていました。しかし、敵が少人数のパーティによる侵入、森人の捕獲に目的を切り替えて以降は対処しきれず、奇襲を防げないまま対応が後手に回りました。敵は少人数での戦い方に慣れていて、加護を持つ者が想定外に多かった」


「なるほど・・」


「敵は魔法による探知を行ってこちらの所在を知り、魔法で気配を断って接近してきました。その魔法が、私達では非常に探知しづらかった」


 本郷ホンゴウが補足するように言った。


「ふむ・・探知魔法・・しかし、樹海の中で探知魔法を使えば森の民が感知するはず」


 シンギウスが首をかしげる。


「それが・・感知をさまたげられたのです」


 森の民エルフの1人が訴えるように声をあげた。


「妨げる?」


「遅延・・と言った方が正しい。感応探知向けの対抗魔法です。こちらの魔法をよく調べて、対応策が練られておりました」


 別の森の民エルフが悔しげに告げた。


「こちらをよくり対策済みですか。なかなか油断なりませんね・・そう言えば、ユウキ殿は相手の探知魔法をどうやって回避されたのです?」


 シンギウスの問いかけに、


「単に、相手より先に見つけただけ。あいつらの探知魔法は、半径50メートルくらいの球状が探知できる範囲だから。その外から見つけて、準備してから攻撃した」


「・・裸でオトリにされましたけどね」


 デイジーがぼそりと呟く。


 それを無視し、


「犬も使ってたな」


 俺は戦った相手の事を思い出しつつ状況を説明した。


「犬?」


「魔物っぽい大きな犬だった。全部で9頭・・あれは面倒だった」


「探知魔法だけでなく、魔犬ヘルハウンドも・・」


「森で捕まえた人を戦奴隷にして戦わせていた」


 奴隷商が教団と戦わせた。


「・・悪辣あくらつな・・隷属の呪具ですか」


「今回は、ツキがあった。船積みされるはずの港町にアナン教団が居座っていたおかげで、奴隷狩りの小隊パーティが立ち往生してくれて間に合ったんだ」


「異世界から来られた方は、神々からの贈り物として、狩猟台帳なるものを与えられているとか?」


「ああ、あったね。そういうの・・」


「他者には閲覧ができない神具です。かつて我が父の盟友が所持されておりましたので、どういった物かという知識は御座いますが」


「ふうん?」


「魔獣等については割愛いたしますが、狩った相手が人種であった場合には、氏名、年齢、性別、種族、加護の有無・・その者の戦歴などが記されるそうです」


「ほほう?」


 俺は個人倉庫から狩猟台帳を取り出した。ユノンとデイジーが覗き込むが、本当に中身が見えないらしい。


「日本人、結構狩ってるな・・俺」


 ぽつりと呟いた。改めてみると、なかなかの殺人鬼ぶりである。日本に帰ったら、極刑待ったなしだ。


「私には何も見えませんが・・読み上げて下されば記帳いたします」


 ユノンが端を糸でじた紙束を取り出した。ユノンが自分でいて作っている紙だった。書き記したものを整理して、シンギウスに伝える役をやってくれるという事だ。


 お任せすることにして、俺は自分で手にかけたな人間の情報を読み上げることに専念する。


(・・この辺は、奴隷狩りの連中か。アナン教団が・・こいつらか)


 一人一人の情報を改めて読み上げてみると、凄そうな戦歴をもった人物が混じっていて、加護持ちも多かった。


「次、リュゼン・モード・ルーレ。28歳、男、平人種、剣神の加護と海神の加護、農耕神の加護持ち・・」


 静まりかえった会議の場に、俺が読み上げる声だけが響いていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます