16) 「学校制度」はない

┌----------

 HEBの社会には「学校制度」はない。子供たちに「ありのまま」と「何が役に立つか」を思い起こさせる教育のプロセスがあるだけだ。子供たちは生みの親ではなく年長者に育てられるが、必ずしも「両親」と離ればなれになるわけではない。両親は好きなだけ子供たちと一緒に時間を過ごす。


 あなたがたの言う「学校」(それよりも「学習時間」と言うほうがいいかな)で、子供たちは、何を学ぶべきかをひとに指図されず、自分で「カリキュラム」を決め、習得したい技能を自分で選ぶ。しがって、非常に高い動機をもっているし、生きる技能は迅速に容易に、楽しく習得できる。


《神との対話3-P409》(一部略)

└----------


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー