(1)神と神性

┏━あらすじ━━


 神は全ての存在の根源であり、被造物をも内包した存在全てである。


 神の性質すなわち神性は、それが展開された宇宙を見れば分かるように、無数にある。


 時間・空間の中に生きる人間は、時空をも創造した存在である神を表現できる言葉を持っていないため、神自体を説明することに自ずから限界がある。


 神は人間に、多くの教師を通して、詩や歌、自然を通して、絶えず語りかけている。それを聞くかどうかは、人間の感性にかかっている。


┗━━━━━━━

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー