第二十三話 魔族、大敗する

「る、ルスカ・シャウザード……」


 モルクが天を見上げるほど先に見つけたのは、グランツリーを出発してグルメールに向かったはずのルスカ。

高みの見物と言わんばかりに見下ろし、ニタリと不敵な笑みを見せていた。


「流星ーー‼️」


 流星の足元から生える天まで伸びる緑黄色の物体。それはよく見ると、植物の蔦が幾重にも絡み合い大樹のようで。

それに見とれていた流星に愛しい人の声が上の方から聞こえてきた。


「カホっ!」


 同じくルスカと共にグルメールに向かったはずのカホが、ルスカの隣から流星に呼び掛けたのだ。


『エイル、すまぬがこの辺り|る欲しいのじゃ』


 絡まりあった緑黄色の蔦が蠢き、真ん中が割れるとそこには巨大な女性が目を瞑り雄々しくそびえ立っていた。


「ガァアアアッ‼️」


 蠢く蔦が鞭のようにしなると周囲にいた魔物は弾き跳ばされていく。


「な、なんだコイツは──ぐわあっ‼️」


 同じように巨大な戦斧ごとモルクも弾かれピンポン玉のように地面を跳ねる。


「ちょ──待って、俺は!」


 更に流星までも同じように弾かれて吹き飛ぶ。


「みんなーー‼️ 逃げろーー‼️」


 ハイネルの声に反応したヤーヤーも含めグランツリーを守っていたギルドパーティーが逃げ出した後、グランツリーの北門がエイルの蔦で破壊された。


『なな、何しておるのじゃ! 味方までやるな‼️』

『ココラ一帯片付ケタダケダ……』


 淡々と話すエイルだが心なしか不満そうな声をする。ルスカに言われたようにこの辺り一帯蹴散らしただけである。

ルスカサイズだと、遠くにあたるグランツリーでさえも、エイルサイズだと“この辺り一帯”に入るのだ。


「流星、しっかりしてぇぇぇ!」


 エイルをつたって地面へと降りてきたカホは急ぎ流星の元に駆け寄る。


「カホ……な、なんなんだ、アレは!? それに、どうしてここに?」


 流星がそう思うのも無理はない。エイルに会いに行ってから此方に戻ってくるのが早すぎるのだ。


「えーっと、実は……」


 カホは、ほんの数時間前に遡り話を始めた。



◇◇◇



「ルスカ様ーー‼️」


 グルメール王国のリンドウの街に向けてザンバラ砂漠に入ったルスカと弥生、カホにタツロウ。

ザンバラ砂漠に入って間もない頃、はるか遠くから此方に向かって砂埃が巻き起こっているのを見つけた。


 巻き込まれる逃げなくてはと馬車を動かそうとすると、砂埃の方から懐かしい声で自分の名前を呼ばれた気がしたルスカは、よくよく目を凝らしてみた。


「おーーい‼️」


 緑黄色の蔦でぐるぐる巻きにされたアイシャが、海を渡る潜望鏡のように砂漠という砂の海を進んでくるではないか。

アイシャ本人は、とても平然と笑顔で此方に向かって手を振っているのが、却って腹立たしくなるルスカ達。


 誰もが理解が及ばずただアイシャが側に寄ってくるまで、その場で立ち尽くす。

アイシャがルスカ達の目前に到着すると、砂漠の砂がまるで塔の如く立ち上ぼり、すぐに戦闘態勢を取ったルスカ以外は、目を大きく見開き丸くする。


「え、エイルじゃ……と」


 砂の塔が崩れるとグルメールにいるはずの神獣エイルが、ザンバラ砂漠のど真ん中でそびえ立っていた。


『因果ヲ外レシ呪ワレシ子、久ジブリダナ。マタ会イマミエル事ニナルトハナ……』

『何故、お主がここにいるのだ? いや、ワシを感知してきたのじゃな』

『話ハコノ娘ニ聞ケバヨイ』


 縛っていた蔦が緩み、アイシャは砂漠の砂地に着地する。しかし、エイルによって掘り起こされた砂漠の砂地は弛く、体が半分まで埋まってしまった。


「アイシャ、一体どういうことじゃ、説明せい!」

「そ、その前にワタシの体を掘り起こして下さいよ」

「ええーい、そんなことはどうでも良いのじゃ、早く説明するのじゃ!」


 白樺の杖でアイシャの頭を叩くと、面白いように砂地にめり込んでいく。


「わ、わ、ちょっと待って下さい。えっと、実はですね……」


 アイシャはギルドを優先した為にルスカやアカツキについていかなかったことを後悔していた。もし、ついていけばアカツキは無事だったのではないかと。

それはアイシャの驕りでもあるが、やはり何かをやらずにはいられず、ルスカがエイルに会った時に何か手助けが出来ないかと、いち早くエイルの説得に向かった。


 しかし、死を司る神獣でもあるエイルが普通に話を聞いてもらえるはずもなく、己の命を賭けて座り込みを続けた。

ところが、自分の体力を見間違い本当に命を落とす寸前にエイルに助けられたのだとアイシャは説明した。


 エイルの力で、アイシャは体力を取り戻し自分の希望を伝えると、エイルは意外や意外にアッサリと力を貸してくれるという。


「え、エイルが……? なんという奇跡じゃ」


 ルスカが驚くのも無理はない。神獣は人に関与したがらないのが通説であり、会話すらも中々してくれないのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます