境界列車

作者 アイオイ アクト

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第6話 途中下車へのコメント

    ああ、これは人生ハードモードになる名前だわ。仕事柄キラキラネームに遭遇はするけど、ここまでのは(;´Д`)
    ちなみに判例集に載ってた強烈なキラキラネームは昭和初期の「△□子(みよこ)さん」。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    ちょっとだけ親戚にキラキラさせちゃった人がいて、その人に関する余計なお世話的な怒りがこんな話を考えさせてしまったのかもしれません。
    ちなみに△□って……漢字!?

    2018年11月17日 22:44

  • 第9話 降車完了へのコメント

    最初は宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』みたいな話かと思い、途中吉田さんと入れえ変わったあたりでアレレ?ってなって、最後は一気に読んでいきました。

    ほんのり切なさもありますが、最後にありがとうと残せるのは、幸せだった人の特権なのかなと思いました。

    作者からの返信

    最後までありがとうございました。
    彼女たちもまた生きていたのだと思います。

    2018年8月10日 06:56

  • 第6話 途中下車へのコメント

    私は吉田の願いをあっさり了承したことに驚きましたが、本名を聞いてそれさえも霞んでしまいました。

    これは就職も厳しくなるわ。(全国のキラキラネームの方、ゴメンなさい)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    この子の苦労が察せられます……。

    2018年8月10日 06:54

  • 第3話 途中停車へのコメント

    就職おめでとう。
    吉田は不思議に思っていますが、同じく就職に苦労した身として、彼女の気持ちはよく分かります。当時の自分の元に来てくれても良かったんだよ。

  • 第2話 出発進行へのコメント

    冗談好きで気さくな羊さんですね。これで面白かったら尚良かったのに。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    吉田は本人の中では相当イケてると思っているんですがw

    2018年8月10日 06:55

  • 第9話 降車完了へのコメント

    ああ、こう言う事だったのですね。
    長い旅が終わってしまうのはちょっと寂しい気もしますけど、全てのナコが幸せなら、それで良いですね。

    幻想的な列車の旅、ありがとうございました。

    作者からの返信

    最後までお読みいただいてありがとうございました。
    どう受け取っていただけるかが分からなかったのですが、好意的に受け止めていただいてありがとうございます!

    2018年8月9日 21:50

  • 第5話 無賃乗車へのコメント

    ナコは働き者ですね。彼女を不採用にした試験管の人達も、もっとこういう所を見てあげればよかったのに。
    そして吉田さん、いくらなんでもそのお願いはハードルが高くありませんか?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    なんなんでしょうね、この羊……。自分でキャラ付けしててなんですが。

    2018年8月9日 21:10

  • 第3話 途中停車へのコメント

    まかりなりにも働き口が決まって、喜ぶ気持ちは分かります。自分も炎天下の中スーツを着て、何社も回って就活していたので。
    頑張って立派な職員になってください……なっちゃって大丈夫かな(゜ω゜)?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます……僕も関東住まいなのに神戸まで面接に来いと航空券送りつけられて灼熱の関西へ行って落とされ足りましたw
    まぁこの子は大丈夫です。

    2018年8月9日 21:09

  • 第2話 出発進行へのコメント

    羊さんが良いですね。スーツを着た羊と聞くと、確かにあの保険を思い出します。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    書いていてふと思って挟んでしまいましたw

    2018年8月9日 21:06