コインの表裏、どっちが好き?

作者 雛河和文

13

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

二重人格というワードに惹かれて読みました。沢山の不幸を背負った生駒くんと、そんな生駒くんを放っておけない及川さんの、すれ違い、惹かれ合う、そんな物語です。
生駒くんの過去をしると胸が苦しくなりました。二重人格の設定がなるほどと思わせるようなしっかりとした鮮明な設定です。だからこその二人の思いが交差する場面もあって、シリアスだけどこういう不器用な恋愛が、読む人を引き込むような作品です!

★★★ Excellent!!!

まだ始まったばかりの本作。
処女作とは思えない心理描写の上手さが目に留まります。

女の子が主人公のためか、恋悩む乙女の心中を覗き見る事ができて、読んでいる側もキュンとします。

何よりうら若き乙女が主人公の長所は、例え一人のシーンがあっても甘酸っぱさを感じる事ができる点ですね。

驚くことに、この主人公は多重人格との事なので、今後の展開にも目が離せません。

皆様、この機会に、どうぞご覧くださいませ。(*´Д`)