彼方の地点

@riisa0207

第1話 夢の交差点

「101番目の祭りが来るよ、

今年無事に祭りが終わるかは、あなたにかかってる、タクヤ」



『祭り?待ってなんだよそれ!俺何すればいいんだ!』

俺に向かってどこからともなく声がした。

懐かしい声だ。

誰だっけ……


気がついたら真っ白な空間に居た。

上下も天地もない。

混乱した頭を振りかぶり、あたりを見回す…


----------記憶をたどる


俺は、木本タクヤ。長野県の山中の高校3年生、特技は野球、ボジションはキャッチャー。

身長176センチ、65キロ。

ガッシリした体型で小さい頃から、ガキ大将だった。


この日は朝から幼馴染で2才年下、同じ高校の青山ユウキと川へキャッチボールに出かけたんだ。

ユウキは俺より2つ年下だけど、母親同士が親友で、同じ街で兄弟みたいに育った。

いつものように川原でキャッチボールをする。

ユウキが俺に向かって投げたボールが、俺を通り過ぎて川に落ちた。

このあたりの川は清流だが、流れがいくぶん急だから、ボールなんてすぐ下流にながされちまう。俺はボールが浮かび上がるのも待たずに、慌てて川に飛び込んだ。


そこまでは、覚えてる。

川に飛び込んだとき、川底に引き込まれたんだ。


それで、真っ白な空間、ここにいる。


ここは、どこだ…




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る