夏色の君

作者 仲咲香里

33

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「お前が好きだーっ!」
「あなたが好きーっ!」

これは愛の告白ですか?いいえ、演劇部の発声練習です。
毎日こんな感じで発声練習をしている、演劇部の麻由。そして彼女はいつも、サッカー部の潮見君のことを見ていた。

毎日の発声練習のように、彼に好きだと言うことが出来るかな?

★★★ Excellent!!!

部活の時間、演劇部の私はグラウンドにいるサッカー部の片思いの彼を見つめる日々。発声練習でなら「好き」っと言えるのに、なかなか素直に伝えられずにいた。

恋する気持ちの揺れ動きがリアルに表現されていて、読んでいるこちら側もドキドキキュンキュンさせていただきました。あと少しの勇気が出せないもどかしさや、なかなか素直になれない焦ったさや。

そんな彼女を見ていると、ついつい応援したくなります。彼女の恋の行方、覗いてみませんか?