彼女を見つめる最後の五分

作者 升釣くりす

28

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

物語の世界を間近で味わえる素晴らしい作品でした。
【吸い込まれた】この一言に尽きます。

作中で流れている空気すら画面を通じて漂ってくるような……
描写力と物語の構成力に脱帽です!
さくっとした短さの中に、これだけ余韻を残せるのは凄い!
素敵な作品をありがとうございました。
おすすめの作品です!

★★★ Excellent!!!

無駄に長ったらしく面倒で、睡魔にすら襲われる。式にはそういったものも多くある中、物語で行われている式では誰しもが同様の反応をしていました。
ただ一人、主人公――春奈さんを除いて。

なぜ、彼女だけが。……どうか、皆さんのその目でお確かめください。


それと差し出がましいことですが……この作品を読み終えた方に、お願いがございます。
どうか少しだけ……五分だけ、お時間を頂けないでしょうか。
あなたにとっての、『春奈さん』のために。
その人が『最高な五分』と感じてくれるように。

★★★ Excellent!!!

「最後の五分」をテーマにした作品は切羽詰まった雰囲気のものが多い。
だから、本作を読んだときはいまいち緊張感に欠けるな、と思ったら。
まさかこれも仕込まれていただなんて。

短編のレビューはネタバレしやすいので、これ以上は書けませんが、作品の雰囲気がとても好きでした。
ぜひ読んでみて下さい。