第61話 遅刻

「あ”””、月曜日が来てしっまった…」 

学生から社会人の方まで一週間の始まり、憂鬱な曜日、様々なことを言われている曜日


「おはよう」

リビングに行くと京が朝の挨拶をしてくる。

体から湯気が経っており、シャワーを浴びてきたことがわかる。

「おはよう京、燐はまだ寝てるのか?」

珍しく、燐がまだ起きてきていないので部屋へ向かってみた。


「おーい、燐?朝だぞ」

「熱っぽいから、ゴホッゴホッ、学校休む」

「わかった、母さんに言っておくな」

俺はリビングへ戻り母さんに伝えた後、冷えピタとアスエリアスをもって、燐の部屋に再び来た。


「燐、入るな…」

寝ているところを起こしたくはないので、小声で声をかけた。

「うー…ん…」

どうやらうなされているようだ、燐の額に手を置き簡易的に体温を確認した。

「あっついな…」

冷えピタを額と動脈が通っているところに貼り、部屋を出た。


「母さん、燐結構熱ありそうだから病院に連れてってあげて」

「わかった、でもいけるのは夕方くらいかな」

京は、先に行ったらしくすでにいなかった。

俺はチラッと時計を確認すると、8:00を回っていたので急いで家を出た。


「ぎりぎり…」

「アウトだ」

わざとらしく担任が眉間をつまんでいた。

急いできたのだがぎりぎり間に合わなかった、なかなか悔しいな…

どれくらいの速度なら間に合うのか今度ためしてみようかな…?などと考えていると櫻が声をかけてきた。

「遅刻とは珍しいな、なんかあったのか?」

「妹が熱を出してな、気が付いたら8:00を回っていて急いできたんだがこのざまさ」

「お大事にな」

「ありがとう」

やっぱり、いいやつだな~と思いながら見おくった。

うちのクラスの男子たちは燐のことを知っているので、櫻に話したのを盗み聞きしたのか、「おみまいに行ってもいいか?」と多くの奴らからきた。

まあ、害虫退治は兄の役目なのでしっかり拒否しておいた。


それから、2時間が経った休み時間、

「栄治、いつも以上に集中できてないね…」

「おお、京。熱の時って一人っきりだとなかなか不安になるだろ?

大丈夫かなと思ってな」

いらぬ心配かもしれないが兄としては気がかりだ

「ノートなら、見せてあげるから行ってあげて」

「悪いな…、行ってくる」


私ったら、敵に塩を送るなんて何をしてるんだろう…

一人の辛さを知ってるからかな…?


「先生、早退させていただきます」

「理由は…」

馬鹿正直に、妹の看病をするためですと言うか、それとも風邪っぽいからにするか

「風邪っぽいんで、大事をとって早退させていただきます」

「嘘をつくな」

とチョップされた

「え…?」

「別のことだろ?正直に話せ、お前は顔に出やすいからな、バレバレだ…」

よく見てるんだな…

俺は、妹のことを話した。

「そうか、じゃあ仕方がない。公欠にはならんから出席日数に注意しろよ」

といって帰るのを許可してくれた。


俺は、走って家まで帰った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます