自慢話

竹屋竿竹

「デアイ」

 歩美あゆみと初めて会ったのは小三の頃だよ。

 彼女は東京からやってきた転校生だったんだ。


 第一印象は……なんていえばいいんだろう。作り物のようにしか見えない綺麗な女の子だった。


 それを人形みたいって言うんだろうね。

 間違いなく美少女だった。

 

 自己紹介をする彼女の姿を初めて見たときから、俺も含めたほとんどの男子やつらはみんな見惚みとれてたよ。

 でも当時はまだガキだったからさ、みんな意地はってたね。黒髪ロングだったから幽霊みたいで気持ち悪ぃーとか言ってた。

 もちろん俺もその一人だったよ。興味ねーしとか言ってごまかしてた。


 そう言っておきながら、授業中に何度も彼女の方をちらちら見てたんだけどね。

 他の男子やつらもそうだったと思うよ。


 彼女の姿は、どの角度からでも男の目を引きつけてた。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます