異世界に行ったら負けだと思ってる

作者 森山智仁

55

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初はライトなノリで。

そしてジワジワと、知らぬ間に侵食されていくかのように、深淵へと引きずりこまれる。

転がり落ちていく様は、まるで自分を見ているかのようでした。
覚えがあるからこそ、そのリアルな触感にゾワリとする。

と、書くとホラーのように思われるけれど、ホラーじゃないよ。メタネタ満載だよ。好き。

面白い。
今溢れる『快感だけを突き詰めた面白さ』ではなく、持ち上げて落とす、落としといて持ち上げる。
探してたんだ、こんな作品!!

シュールに練り込まれて『なんとなくサラリと』放り込まれたネタにニヤリとさせられた。悔しい。

今の流行りの波に乗れないアナタ。
読んでみて。
貴方の『異世界転移なんか書きたくない&読みたくない』意識が、きっと変わるから。

★★★ Excellent!!!

ヒロインのココナちゃん、可愛いですね。そんなココナちゃんの誘いに乗らない主人公、もったいない!

て、この設定自体が「異世界ライトノベル」執筆の誘惑に乗らないラノベ作者(主人公であり読者でもある)のメタファーになってそうで。

前半パート、テンポよく話が進み、ギャグのキレがいいのに、テーマは重い。すごい技量だなと感心しました。

★★★ Excellent!!!

逃げる自分を許せるか?
許せるならそれでいい。許せないならどうする?

いろいろと感じさせられる文章でした。
心理描写が好きです。自分の人生経験はまだまだ足りないなと思わされました。考えることをやめずに生きたいですね。

この☆の数でここまでレビューがあるということはニッチな市場ですが非常に魅力的な作品だと言うことなんですかね笑
作品自体と内容がリンクしているというのは面白いですね。

★★★ Excellent!!!

異世界チート否定派の新人ラノベ作家・杉原一馬と、彼を勇者として勧誘するため異世界からやってきた美少女神官ココナのズレた掛け合いが笑いを誘い、昨今のラノベ事情について考えさせられる。

「異世界でチート無双してなにが楽しいのか」と、テンプレ一辺倒な最近のラノベの流行に物申したいラノベ作家は主人公の一馬だけでなく世の中に大勢いるだろう。

担当編集に諭されて売れ筋に作風を改めようとする一馬だが、空気を読まずにどこにでも出現するココナの存在が、逆に彼を意固地にしてスランプに陥らせてしまう光景に胸が痛む。

自分はもっと面白い作品が書けるのに、読者がそれを求めてくれない現実に絶望し、それまで否定していた異世界へと気持ちが揺らぐ一馬の懊悩がやるせない。

ちょっと未熟で繊細な一馬は、現代のラノベ作家の等身大の姿なのかもしれない。

読者が作家を追い詰めることもあるのだ。「アラサーのおっさんがチート能力で異世界を救う」みたいな作品が好きな読者へ向けたアンチテーゼといっていいだろう。

というか、その読者は私だった! 作家のみなさん、本当にごめんなさい!

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲優詩)

★★★ Excellent!!!

この作品からは逆張りや当て付けのような物を感じますが、嫌みな感じはなく非常にテンポ良く読めるので素晴らしいと思います。
主人公が、異世界の存在に触れて自分を見つめ直すのか、そしてどう向き合うのか、続きが非常に楽しみです。

先生はもしかして小説の勉強をしていたように感じるので、とても期待してます‼️

★★★ Excellent!!!

主人公は新人小説家なんだけど、異世界転移モノが嫌い。
にもかかわらずその主人公が住むアパートの玄関に、突如、異世界のお姫様が現れて……
有無をいわさず扉を閉めた主人公にやられました(笑) いさぎよい!
しかも、憧れの異世界行きを他人に勧めるし……!
破天荒な内容で引き込まれました。
もちろん、ヒロインのココナは可愛いです!