IDOLIZEコラボ作品「眼鏡に映るヒエログリフ」

作者 ヤミヲミルメ

7

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

自主企画「超ベニヤ杯」大賞作品。

ユイちゃんがビームを撃つシーンが好きすぎて。その一点だけで大賞です。
……というのは流石にウソですが、とにかくコラボとしてのレベルの高さに心が震えた一作でした。エジプト神話の世界の住人であるツタンカーメン達と、現代ドラマの結依達を自然にクロスオーバーさせたこと自体もそうですが、ミラホと連携してヒエログリフの翻訳を映す補聴眼鏡など、細かなところで「小道具」の活かし方が輝いています。ミレイちゃんがちゃっかりエジプトで楽しくやってそうなのもいい。
指宿リノには政敵が多いだろうとか、原作で語っていない部分まで踏み込んで考察して話を作って下さったのも大変嬉しいですし、何より驚いたのは、原作の「結依VS瞳」戦に繋がる時系列にぴったり話が噛み合っていること。浮遊装置が4度稼働すると知って計画を立てる暗殺者、それが芳乃の望みのために崩れてしまう……と、原作の流れからよくここまで精緻に「裏」のストーリーを組み立ててくれたものだなと。パズルがピタッと嵌まるような快感を覚え、何度もニヤニヤしながら読み返しました。
また、敵役として登場するセトが、ツタンカーメンにとって撃滅すべき敵というニュアンスではなく、「不仲な隣人」くらいの存在にとどまっているのも、最後に和みを感じさせていいですね。アンパンマンとばいきんまんのような関係……と喩えてしまうと軽すぎて怒られるかもしれませんが、ラストの二人のやりとりが実に良かったです。「それでも勝つさ。最後には」……見守ってくれている彼らのためにも、しっかり原作の続きを書かなければならないなと思いました。