会社の上司を悪役にした異世界ファンタジーを書いていたら、読者が社長だった

作者 エール