プロローグ

 とても美しい高原の景色が目に入ってくる。


 遠く、高く、彼方に見える滝の下、朝陽に輝き野花あふれる湿原を舞台に優しく踊る妖精達。


 名前はもうおぼろげで、誰かは私の事を「サトシ」と呼んでいたような気がする。「ヤマモト」だったか?


 大分怪しくなった記憶だが、ここでやらなければならない役割だけは忘れない。


 目の前には、地にその巨体の大半が埋まり頭だけ出した大岩がある。


 少し離れたところには、連れ添った猫? だったかな。


 そいつがこちらを心配そうに見ている。今にも泣きだしそうな目をしている。


「安心しな、もうこれで最後だから。後は頼んだよ」


 左手にめた腕輪へ優しく、そっと、何かを語りかけるようにして魔力を通すと光が溢れ出す。


原初げんしょあかしは何人も触れることあたわず」


「原初の証もて次なるものを明らかにせよ」


「次なるものはさらに次なるものをかし連環れんかんとなせ」


「魔の循環めぐりから外れし連環は地に眠る」


「今こそは神秘が織りなす始まりの刻」


「顕現せよ! 其は、エクスカリバー!!!!」


 魔力の奔流ほんりゅうが剣を突き立てた大岩を通して地脈へと流れ込み、何処からか微かに刻を告げる鐘の音が流れて来た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます