蝉時雨とローファー

ゆきみずだいふく

序章

耳をつんざくような蝉の鳴き声で目が覚めた。


丁度近くに樹木があるからだろう。庭に植えてみるんじゃなかった。


もぞもぞと布団から這い出て、今までの眠気を飛ばすように窓を開けた。


さっと開ける視界。ほんのりと蒼く色付いている空と入道雲。



私は、この瞬間が一番好きだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます