自分の視界が狭すぎる件

 よくよく考えたのですが(くよくよではなく)、やはり僕は独善的というか、自分こそが正しい小説を書いている、みたいな傲慢な節があったようです。闇雲な自己分析によるところですが。


 そこで思うのが、『視界が狭い』ということです。なんというか、もっといろんな表現があるのに、考えなしに突き進んでしまうというか。文章が端的過ぎる気がする……。


 その場の雰囲気を表現に組み込みかねている、そんな感じがします。もっと比喩表現とか、間合いの取り方を研究した方がよさそうです。


 小説は、人が読んで想像&創造することで完結するもの。それが、理論的な文章ばかりで成り立つわけがない。


 もっと遊びを持たせられる、円滑かつ明快な文章表現ができるよう、腕を磨いていきたいと思います<(_ _)>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます