片恋色の詩

つっきー

Works:187~片恋色の詩詠い~

何も残せない

そう思っていた


だから、僕は詩を詠うよ

僕だけの詩を


何も遺らない

そう思っていた


だけど、僕は詩を詠うよ

僕だけの詩を


言の葉を並べ

紡ぐ


月の綺麗な夜を目指して

片恋色の詩を詠うよ


届けばいいと思う

届かなくてもいいいと想う


思と想の隙間

詞と奏の狭間


黒色から始まり

恋色にはなりきれない


そんな片恋色の詩

それでも、僕は詠うよ


振り返ったその時に

僕の歩んだ道だと


これが刻んだ証だと

そう言えるように

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます