願いは叶えられ、私は後悔した。

作者 ありま氷炎