勘違い

 夜十一時、主役が帰ることになり会はお開きになる。


 しかし私はこのまま帰りたくなくて、残ることを伝える。

白田しろた。またな」


 すぐるはそんな私にそう一言言うだけで、彼女と店を出て行った。


並子なみこ明日仕事でしょ? 帰ろうよ」

「そうだぜ、役場職員が酒臭いのはだめだろう?」

「そんなに飲んでないし。ちょっと今日は飲みたいの。みんなは先に帰っていいから」


 一人で全然よかった。

 それよりも一人になりかった。


 優と彼女の話なんて聞きたくなかった。


「僕が残るからみんな帰っていいよ」

佳緒留かおる。別にそんな必要ないから」


 こんな軽い奴と一緒に飲むのはごめんだった。

 しかし、みんなは違ったらしい。

 意味深に笑うと、よろしくっと出て行く。


 ふん、佳緒留なんかと何かがあるわけないんだから。

 だいたい、なんでわざわざ残るの?

 私に気があるとか?

 まさかね。


 ああ、面倒。

 もうどうしていいかわかない。


 優のよそよそしい態度、彼女さん、優斗ゆうとの笑顔がぐるぐると頭を回り、私はなんだか疲れていた。


「白田。こうやって二人で飲んだことなかったよね」


 佳緒留は私の気持ちにまったく気づくことなく、っていうか知ることもなく、笑顔を振りまきながらそう言う。


 佳緒留。

 案外いい奴も。

 こうやって一人で飲む私に付き合ってくれてるし。


 いや、下心あり?

 まさかね。


「白田。白田ってさあ、積谷のこと好きなの?」

「!」


 いや好きっていうか、夫だったし。


「そうか。だから元気ないのか」


 無言で驚く私に対して、彼は一人でそうつぶやく。


「僕、白田のことが好きなんだけど。積谷の代わりになれないかな」

「!」


 いや、私、告白されてる?

 本気?

 いや、本気とか関係ないし。


 私は元に戻ること考えないと。


「答えられないよね。でも僕は本気だから。白田、覚えていて」


 佳緒留はそう言うと私の頬にキスをする。


「佳緒留!」

「怒らない、怒らない。唇じゃないから、減らないでしょ」

「そんな問題じゃ」

「じゃ、唇にしても一緒だった?」


 彼はきらりと目を光らせると私を見つめる。


「いや、ほっぺたでよかった。佳緒留。もう帰ろうか?」

 

 なんだか飲む気はすっかりうせていた。

 告白なんて長い間されたことがなかった。

 でも佳緒留の告白は嬉しいというよりも、罪悪感を生み出すだけだった。


 元に戻んなきゃ。

 優斗に会わなきゃ。


 でも優、優はこの世界の方が楽しいのかな。


 彼女はかなりよさそうな人だった。


 もしかしたら私と結婚するよりも、彼女とのほうが幸せになるかもしれない。


 でも、それでも、私は優斗に会わなければならない。



「白田?どうしたの?」


 お勘定を済ませても、店を出ようとしない私に彼が声を掛ける。


 私を好き。

 昨日までそういう状況に憧れていた。

 誰かに愛の告白をされる。


 でも今は、その状況に陥っても全然嬉しくなかった。


「あ、来た!白田、乗ろう。早く」


 ぐいっと私の腕を掴み、佳緒留が車に向かって手を振る。彼の車を代行運転手が運転しており、私達はその後部座席に乗り込んだ。


「まず、彼女を送ってから僕の家に向かってください」


 彼はそう言い、私の家と彼の住所を運転手に伝える。


 彼女って、

 まあ、そういう意味じゃないだろうけど。


 そういえば、優以外の男の人と一緒に車に乗るなんて、久々だ。

 私は隣に座る桂緒留を見つめる。


 もてそうな顔……。

 大きな二重瞼の瞳は少し茶色がかっていて、鼻はすうっと通ってる。口は少し大きめだけど全体のバランスに崩さないくらいで、ちょうどいい。髪は自然な茶色で柔らかなパーマがかかった髪は邪魔にならないようにかきあげられている。

 

 黒髪に短髪の大和男児って感じの優とは対象的な顔だ。


 優斗ゆうと……。

 優斗はそのすぐる似だった。

 硬い髪質に真っ黒な瞳。大きな目はいつもキラキラしてて、くるくると変わる表情は見ていて飽きなかった。


「白田?」


 ふいに訝しげに呼びかけられ、私は自分が涙を流しているのに気づく。


「大丈夫?」


 佳緒留はその茶色の瞳を瞬かせて、心配げな様子だ。


「大丈夫。大丈夫だから」


 私は涙をぬぐうため、ハンカチを探す。鞄の中を探っていると目の前にペパーミント色のハンカチが差し出された。


「これ、使って。ごめん。僕のせいだよね?」

「……そんなんじゃ、なんでもないから」


 桂緒留のせいなんかじゃなかった。

 自分が浅はかなことを望んだことが悪い。


 手に入れた独身生活、それは全然楽しくなかった。


「僕は白田……並子が好きなんだ。僕のことを好きになって。そしたら全部忘れられるから」


 そんなわけない。

 そんな単純な話じゃないのに。

 桂緒留はきっとすぐるに彼女ができて、私が辛いと思ってんだ。


「違う、そんなことじゃないから」


 私はハンカチを顔に当てると俯く。


「並子」

「!」


 名前を呼ばれたと思うと草原の香りがした。私は佳緒留に抱きしめられていた。


「離して!」


 その香りと温かさを心地よく感じた自分が許せなくて、私は腕を突っぱねて離れようとする。


「ごめん」


 でも佳緒留はぎゅっと私を抱きしめたまま、離そうとしなかった。


「違うから!」


 勘違いしてる。

 そんなことで泣いてるんじゃないのに。



「佳緒留!離して、離して!」


 旦那――優以外の人に抱きしめられてる自分が嫌で、私は必死に叫ぶ。その声が涙を帯びたもので佳緒留ははっとして私を解放した。


「ごめん」

「……こっちこそ、ごめん。でも違うから。あなたのこととは関係ないから」


 私はそう言うと佳緒留から距離を取ろうと窓際に体を寄せる。

 彼が私を見ているのがわかった。でも私は自分の感情と向き合うことに精一杯で、彼のことに構う余裕はなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます