第三十一話「花咲山へ」

「えっ、もう行くの? 新しいダンスを見てほしかったのに」


「ごめんよ、急ぎの用事なんだ」

 口を尖らすエミーラに、ステファンは素直にあやまった。

 エミーラは、自分の舞をさらに磨き、最近はバルアチアのダンスの要素を加えているようで、いまや里の若い女性の憧れになっていると松五郎からきいた。

「ベンさんという、カラクリ職人に会ってくる」

「えっ、あの全身真っ黒ってアキさんが言っていた人のこと?」

「ああ、僕らの国の人かどうかはわからないけど、なにか聞けるかもしれない」

「どこにいるの?」

花咲はなさき山ってところだって。町から半日くらい歩いたところらしい」

 エミーラはうなずいた。

「わかったわ。でもちょっとまってね」

 エミーラは、その場で大きく手を広げ、ゆっくりと舞をはじめた。

 地へ祈り、山へ祈り、太陽に祈り、そして天から降りそそぐ龍の息吹に感謝をするような、自然と一体化した優しい舞だった。

「はい。これは神主さんから教えてもらった旅への無事を祈る舞でした。気を付けて行ってきてね」

 二人はエミーラに礼を言い、ふたたび里を出発した。

 エミーラは二人が見えなくなるまで大きく手を振ってくれた。

 ステファンは、なぜかその姿がとても印象的だった。



 今晩はまた宮之屋に泊めてもらう予定だが、急がないと日が暮れてしまう。

 しかし、なぜか迅の足取りがおもい。

「迅、ちょっと急がないと日が暮れてしまうよ」

 迅は小さくうなずいたが、うつむいたままだった。

 こんな迅を見るのは初めてだった。

「どうしたの、具合でも悪いの?」

「いや、そうじゃないんだ」

 迅はしばらくうつむきながらあるき、やがてぼそっとつぶやいた。

「……自分がなさけない」

「えっ?」

 迅は、ようやく顔をあげた。

「……私は、君に嫉妬しているんだ」

「嫉妬、僕に?」

「ああ、君の聡明さは、長老や流兄ちゃんたちも一目置いている。それくらべて私は、ただの赤忍者だ」

 ステファンはその返事を探すために空を見あげた。春先とはいえまだ昼は短く、すぐに夕暮れがやってくる。

 それでもオレンジ色に広がる空は、ステファンに少し力を分けてくれた。

「あのとき、僕は切られていたんだ」

「えっ?」

 迅が振りむいた。

「あの米問屋の猫部屋だよ。もしも僕が孫吉を連れていこうとしていたら、扉が開く前に隠れることができず、斬鉄に見つかって切られていたんだ」

「それは……」

「一緒だよ。僕は赤忍者なのに、迅のような身軽さも、忍術もできない。一人じゃ何もできないんだ」

「私くらいの忍者はいくらでもいるよ」

 迅はかたくなだった。

「迅じゃないとダメなんだ。だって、僕は迅のことを信頼している。迅も僕のことを信頼してくれている。だから、僕と君の持ち味を互いに活かしあえるんだ。体の臓器と一緒だよ。君が心の臓、僕が肝の臓だとしたら、どっちがえらい?」

「なんだい、その例えは?」

 迅がわらった。その笑いは迅の気持ちをすこし晴らしてくれたようだ。

 迅は自分の胸に手を当ててみた。

「でもたしかに、心の臓も肝の臓も、お互いを支え合っている。どちらがなくても生きていけない」

 掌から鼓動がつたわる。

「ありがとう、ステファン」

「うん。じゃあ、急ごうか」

「そうだな、日も暮れるから走らなきゃ」


 そのときだった。

 シュッと音がして水の匂いがしたと思うと、突然目の前に若い女性があらわれた。

「つ、椿さん!?」

「やっと追いついた」

 そう言いつつも、笑みをうかべる端正な顔に疲れは見えなかった。

「どうしたんですか?」

「おばあちゃんがね、あなたたちにお供をつけてやれって」

「お供? まさか椿さん?」

「うふふっ、それも面白そうなんだけど、私もいまから別の任務で里をでるの。お供はこの子よ」

 そういって、椿の後ろからひょこっと姿をあらわしたのは、忍者犬だった。

「ムサシ!」

「ええ、連れて行ってあげて」

「百人力ですよ、なあ迅」

「ああ、二百人力かもね」

 椿はムサシの頭をなでて、赤忍者に向きあった。

「でもそれだけこれからの任務は危険が伴うってことなの。十分に気を付けて、危なかったら逃げてもいいからね」

 ムサシも一緒に、わん、と吠えた。まるで、わかったな!、と二人に言っているようだった。

「わかりました、行ってきます」

 椿は走り去る二人をしばらく見送った。

 赤みがかった太陽が、山道を走る少年たちの影を優しくてらしていた。



 真っ暗になる前になんとか宮之屋についた。

「いらっしゃい」

 宿の扉を開けたら、二人は驚きのあまり立ちすくんだ。

 酒の混じったダミ声が飛んでくると思っていたら、きれいな女性の声が返ってきたのだ。

 宿を間違えたと思ったが、こんなボロ宿は他にあるわけがない。

「こ、こんにちは」

 受付に座っているのは澄んだ目の美しい女性だった。

「ご予約の方ですか?」

「い、いえ。団之輔さんはいらっしゃいますか?」

 迅はたじろぎながらなんとか返事をした。

「あいにく父は仕事で外に出ております」

 二人はまたおどろいた。あんな酔っ払いにこんな清らかな娘がいるなんて。

 世の不思議を感じつつも、昨日客で今日もまた泊めてほしい旨をつたえると、快く通してくれた。

「まあ、かわいいワンちゃん」

 ムサシは宿の入り口で丸くなって、ワウゥー、と聞いたことのない可愛い鳴き声をだした。

「撫でてもいいですか?」

「え、ええ」

 迅は、ムサシの変わりぶりに唖然としていた。

 娘に撫でられて愛嬌をふりまくムサシは、あの不愛想な忍者犬ではなかった。

「さすが、変装がうまいな」

 迅がステファンに耳打ちすると、ムサシが二人をギロっとにらんだ。


「おお、君たちか」

「治左衛門さん!」

 二階の廊下で学者に声をかけられた。

 ステファンは、猫が見つかったお礼を言うと、あごヒゲを触りながら、よかったなぁ、とほほ笑んだ。

「次はどこかに行くのか?」

「ええ、花咲山に行きます」

「あんな山奥に!? 谷もあって雪も残っているだろうから大変だぞ。そんなところで何しに行くんだ?」

 ステファンは、自分が任務内容を言い過ぎたと後悔した。迅もそれとなくこちらを見ている。

「知り合いのじいちゃんのところに行くんです。いつも行ってるから大丈夫ですよ」

「そうか、気をつけて行っておいでよ」

 治左衛門はまたヒゲをなでながら部屋に入っていった。

 部屋で落ち込むステファンに、荷物を下ろしながら迅が声をかけた。

「気にしなくていいよ、ステファン」

「やっぱり、さっき山道で言ったとおりだよ。僕もまだまだだ」

「ステファンは性格が素直で嘘をつけない体質だからね、でも、そこが君のいいところだよ」

 迅の励ましは押しつけがましいところがなく、ステファンの心にしみた。


 とりあえず今日は眠ることにした。考えてみれば、朝から動きっぱなしだったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます