第45話 残念美少女、褒美をもらう



 複合商業施設がオープンする日、街はお祭り騒ぎだった。

 目抜き通りには大きな垂れ幕が何枚も並び、配られた国旗が家々の前を飾った。


 人が住んでいない廃屋はとり壊され、街路樹は刈りこまれた。

 見違えるように綺麗になった町には、とても多くの観光客が押しよせた。

 宿泊施設が足りず、町はずれに臨時のキャンプ場がオープンしたほどだ。


 昼前になり、街の外から、にぎやかな曲と共にパレードが入ってきた。

 なんだ、あれは?


 楽隊を引きつれたパレードは、数多くの騎士と、馬車が牽く山車から編成されていた。

 山車の上にはキラキラ光るソファーがあり、そこにタリランさんが座っている。

 彼の斜め後ろには、白いローブを着た、美しい初老の男性が立っていた。


 私は、それを『アヒル亭』の二階にある自分の部屋から眺めていたが、タリラン国王と、ばっちり目が合ってしまった。

 これは、まずいわね。

 そう思う間に、国王が二本指を立て手招きする。


 しょうがないわね。

 私はマジックバッグとカニポーチを身に着けると、ドンを連れ宿の表に出た。


「メグミ殿、どうぞこちらにお上がり下さい」


 美老人が声を掛けてくる。


「あれ?

 セバスチンさん?」


 彼の変わりように驚き、思わず言われるまま国王の横に座った。

 ドンは国王をはさんで、反対側に座っている。


「私、この度、宰相を拝命しました」


 ええっ!

 名前は執事なのにっ!?


 ポチ(カニ)たち『『『突っこむところ、そこ?』』』

  

「ツブテ殿、今日はどうしても自分でお礼が言いたくて参った。

 そなたが大げさな事が嫌いなのは分かっておるが、今日だけはワシの好きにさせてくれぬか」


 王様は、小さなワンちゃんが甘えるような目をしちゃダメなんだよ。

 もう、しょうがないわねえ。


「今日だけよ」


「おおっ!

 許してくださるか」


「本当に、今日だけだからね」   

 

「分かっておる。

 セバスチン、計画通りに」


「はっ、陛下」


 こうして、私とドンはタリラン国王の左右に座り、街を練り歩くことになった。


 ◇


「国王陛下ーっ!」

「青い悪魔様ーっ!」

「きゃーっ、リアル・ドン様よーっ!」


 そんな歓声が上がる中、ゆっくりと山車が進んでいく。

 街中の道は、人で溢れかえっている。

 なぜか、多くの人が青い紙吹雪を投げている。


「青い悪魔の伝説は、この街でも知られておるな。

 ワシの戴冠式は、凄かったぞ。

 王都中、青い雪のように、紙吹雪が舞っておった」


 ひーっ、恥ずかしーっ!

 戴冠式への出席をきっぱり断っておいてよかったよ。


 ◇


 やがて、パレードは新しい商業施設の前に到着した。

 大きな黒い布のようなものに覆われた商業施設は、横幅が町の一区画分あった。


 セバスチンが合図すると、山車の下に控えていた黒ローブの男たち数人が、ワンドを取りだし魔術を唱えた。

 それぞれのワンドから出た光が黒い覆いに触れると、それがさっと消えた。


 現れたのは、石造り二階建ての大きな美しい建物だった。

 綺麗な彫刻が随所にあり、磨かれた石がぴかぴか輝いている。私が目にしたどんな建物より美しかった。


「ワシとこの国の未来からのプレゼントじゃ。

 受け取って欲しい」 

 

 ぐっ、痛いところを突いてくるわね。

 国の未来から、なんて言われたら、受け取らざるをえないじゃない。


「宿泊施設を除き、全てツブテ殿のものじゃ」


 国王が、懐から出した羊皮紙を私に手渡す。

 騎士たち、街の人たちが、凄い拍手をした。


「さて、中を案内しよう」


 タリラン国王は私の手を取ると、侍従たちが組みたてた階段を使い、山車から降りる。

 商業施設の正面入り口にある大きな扉には、魔法陣が描かれていた。


 国王は懐から指輪を出すと、それを魔法陣に近づける。

 扉が両脇に引き込まれる。

 陛下は、私の手にカニの意匠が描かれた指輪を載せた。


「これ一つで、全ての機能が働くように造ってある」


 施設の中は、美しく磨かれた石の床が続いていた。

 

「まず、入り口にあるこの店じゃが」


 私には、それが何の店かすぐに分かった。

 特徴ある〇の上に△二つのマークが、壁に描かれていたからだ。 

 

「これはっ!」


「そうじゃ、ポンポコ印のケーキ屋じゃ」


 店に入ると、真面目そうな初老の男性が頭を下げる。その後ろには見覚えがある女性店員がいた。


「ツブテ様、こちら、うちの店長です」


 えっ、そうなの?


「ツブテ様、この度は命とお店を救っていただき、誠に感謝しております。

 ご恩は、一生かけて返していくつもりです」


 初老の店長さんが、頭を下げたままそう言った。


「気にしないで、私は美味しいケーキが食べられるだけでいいの」


「うん、そうだよね、お姉ちゃん」


 ポンポコ印のケーキが好きなドンも、私と同じ考えね。


「ウチにいらっしゃれば、いつでも無料で好きなだけケーキが召し上がれるよういたします」


「だめっ!

 それは、絶対にだめっ!」


 だって、確実に太っちゃう!


 当惑した顔の店長を後に、私たちは別の店に入った。


 ◇


「あれ? 

 レンさん?」  


 そこにいたのは、私もよく知る、服屋を営んでいる女性だった。

 美しく飾られた店内には、おしゃれな服がたくさん置いてある。

 元々の品揃えを一新したようだ。   


「ツブテちゃん、こんにちは。

 あなたの知り合いっていうコネをフルに使って、無理やり店舗を出させてもらったの。

 私、自分が美しいと思うものだけを売る、こんな店が一度やってみたかったのよ」


 お姉さんは、素晴らしい笑顔だった。

 喜んでくれているならいいか。


「素敵な服ですね。

 私、必ず買いに来ますから」


「ありがとう、待ってるわ、大家さん」


 そう言えば、私がここの大家さんになるのか。

 なんか、実感が湧かないわね~。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます