第44話 4の付く体で

「セレスがいるのは、分かるの。お願い、セレスに逢いたい。」

「……ごめんね? セレスに逢いたいのは、私なの。」


 私に言い募るしだいにくちょうがはげしくなるディアに、帽子と指輪も交ざり説明してあげると、座り込んでしまった。

 私も座って、今度はディアの経緯いきさつを聞く事にした。


 以前、セレスと交流があった程度かと思ったら、重い話だった。

 私が小屋で目覚めるまでに、セレスとディア、そしてマノンは数か月暮らしていたらしい。ディアの名付け親も言葉を教えたのもセレスだそうだ。マノンが間に入って翻訳していたと言うが、帽子は沈黙を守っている……寝てるのかな?

 でもディアが私にくっついてくる理由も分かったし、これからの事を話したい。


「ディア、みんなの雰囲気が変わったみたいだけど、何で?」

「セレスがギルドで、おかしくなったと思われちゃったんだと思う。」

「おかしく? 洗脳、とか?」


 風ギルドって、ヤベー所なの? ……首を縦に振るディアは、私から目を離さない。

 ちょっと近づいてみる。おあずけしている犬みたいな反応をしている。


「おいで、うわっぷ!」


 言った途端、飛びついてきたディアを受け止め、じゃれ合う空き部屋の外で、足音は遠ざかっていった。


「まったく、心配して損した気分だねぇ。はぁ。」






「じゃあ、アンナさんに心配かけてごめんなさい、しに行こうか。」

「うん。うん?」

「あ、私だけだっけ。」

「ついてく。」


 ありがと、軽く握るとにぎにぎすると、握り返してくれる小さな癒しとともに厨房へと顔を出した。

 私に気づいたおばちゃんたちが、顔を背けたり小さく手を振ったりと各々の反応を返してくる。アンナさんが溜息をつき、「あんたたち、今まで通りで良いんだよ!」と言ってくれたが、元通りになるまでは時間がかかりそうだ。

 繋いでいた手が引かれ、顔を向けた私に「セレス、あっちで仕事しよ?」と言うディアは、少し嬉しそうだった。





「……で、こっちはこっちで、なのね。」


 食堂でも、私に気づくと客が沈黙した。ディアが応対する客は明るく返事をする。私には空いた皿を投げ渡してくる……落としても割れないけれど、なんだかなぁ。

 そんなに風ギルドは嫌われているのだろうか。


 アンナさんから「セレスは悪くないけれど、今日は端で座ってておくれ。これでも食べな。」と、棒棒鶏のようなサラダをもらった……はしは?


『調べてあげようか?』

「ん? おえあいー。」(おねがいー)

『行儀悪いわね、食べながら言わないの。』


 手づかみでパクついてる私に何を言うか、とテキトーに応答する。チラチラこっちを見てくる客もいるな。リップサービスも色気もあったもんじゃないだろうに。ん、おいし。


――――――――――――――


「ああいうの、周りはムカツクわよね。」

「キレイな子が『私かわいくないから。』と言うアレですね。」

「メイド服を着崩して憂いを帯びた目をしていれば、酒場の男どもは落ちるわね……。」

「男に魅力で負ける気分は、いかがですか?」

「ぐっ……。」


――――――――――――――


 被害 客数名

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます