使徒、襲撃

 雨音が鳴り響き、外に出る時間よりも内にいる時間が多くなりそうな季節、いかがお過ごしでしょうか?



 タカシです。




 今、神輿に担がれ(物理)て移動しています。



 神託が下されたという事で、一斉に押し寄せてきた信者?たちに連れ出される様な恰好で神輿に乗せられてしまっては、揺らされる形で移動しています。



 もう、どうにでもなれという心境に近いあきらめの境地で、移動されてる間に、前回の事を思い浮かべました。




 あの後、他にもと試してわかったことといえば、歩く核兵器に成り下がった・・・いえ、成り上がった?どう言えばいいのだろうか正直よくわかりませんが、自身の危険度が、さらに向上したモノになったのは確かだと思います。



 そもそも、X-raysを意識したら照射されていた雰囲気ありましたし、もしかしてとγ-raysすらと思ったら、ニュートロン以上に黒く赤熱し始めたという実証実験結果に察しました。



 γ-raysが操作できるという時点で、その最大級というのを考えた時" γ-ray burst"レベル以上とかやれてしまう可能性が出てきました。


 そうなってしまったら、この世界の女神様はどうするつもりだったんでしょうか。



 戦術級の核兵器どころか、戦略級すらすっとばして、生命体がいる惑星破壊級になってしまうぐらいの危なさすぎる代物なのに。



 もっというなら、γ-ray以外にも今までの実証で分かった操作できる量子を、大量に操作してぶつけあったりしていたら、blackなholeすら作れるかもしれないレベルで危なさ過ぎる"チート"です。




 チートって、ズルとかいうんですけど、このクラスになってくると、使いどころがというか、使ったら最後過ぎて、ズルと言えるのでしょうか?という疑問がよぎってしまいました。



 現代社会の平和的な利用というのを、この異世界でも考えさせられるというのは、いかがなものなんでしょうか・・・環境破壊は、どこまで許されるのでしょうか・・・などなど・・・



 ダメです。



 どうやっても、マイナス方向に思考が誘導されていっては、今後どうしていけばいいのやらわかりかねます。




 そうこう考えている時に、外が何だか騒がしくなったかと思えば、なんでも魔王軍の襲撃が来たとか何とか。


 しかも、見事な包囲戦がしかれるぐらいに。





 女神様の神託、漏洩してたのではないのでしょうか?





 自分には対抗できる以上のチートがあるのですが、やはり代物が代物すぎて使うことに戸惑ってしまいますが、護衛役と思える騎士甲冑姿の人が一人、また一人と倒れていくのを目の前で見せ続けられていたら、こういう力は"今使わなくていつ使うのか?"という質問的な言葉が脳裏によぎりました。



 意を決し、力を使って対応すると伝え、極力自然環境には汚染にならないモノでと、レーザー的なレベルのをイメージしては、見える範囲の複数の相手をターゲッティングし、光の魔法で攻撃を


















 いきなり一斉に粉微塵になっていきました。




                                   敬具



追伸

 信者さんたちは、神の御業と言って喜び勇んでましたが

 こちらに向けられる目には、畏怖以外の何物でもない物を向けてこられます




('A`;):ドン引くわな・・・自分でも引くわ・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます