悪役令嬢が最推しなので、捨てられた彼女をお嫁に貰います

作者 マキナ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 52へのコメント

    攻略されました

  • 118へのコメント

    尊い

  • 114へのコメント

    尊い

  • 112へのコメント

    この回、良いですね!
    愚者と愚者の愛とでも言いましょうか?
    とても気持ちに残る感じです。

  • 112へのコメント

    おかえり、ノア!
    さて、エリーゼの抱いた自らの正体を疑る不安の心を、包み込み癒すことはできるかな?
    思いもしない行動で、些細なことだと思わせてしまうかもしれないけれど...

    楽しみに待ってますっ
    素敵な作品をありがとう...♪

  • 99へのコメント

    プロローグとあわせて100話!
    これからも楽しみにしております。

  • 95へのコメント

    なんて…こと…続きが早く読みたすぎて(血涙)

  • 90へのコメント

    エリーゼ様、最後のセリフ、とても効きます。苦笑を浮かべながらも優しく、そしてあえてからかうように先の言葉を発する御姿を想像して心を掴まれました...ありがとうございます。

  • 79へのコメント

    主人公はムリし過ぎちゃうからこういう大人が近くにいるのは安心する…

  • 78へのコメント

    エリーゼ様...グッジョブです...!
    あと最後最後!にやにやしちゃう...

  • 30へのコメント

    エリーゼの為に…!

  • 20へのコメント

    そんなお兄さんの相手になりたいと思ってしまった…無理だけど(笑)

  • 65へのコメント

    エリーゼが伴侶であると、そして自分こそが伴侶であり護る盾であると、そう言葉に出来ること、それもどこか、嬉しそうにしていそうです。

    世界のレールのイレギュラーは、はてさて、どんな波乱を生むのでしょう。

    いつも楽しいお話を、ありがとうございます。

    あ、明けましておめでとうございます!

  • 65へのコメント

    二人の会話がとても好きです。
    エリーゼ様好き好きマヒーザ君の多幸感が読んでいるこちらまでお裾分けされる感じがなんともいえずニヤニヤそわそわしてきます。

    ありがとうございます。

  • 57へのコメント

    とてもわくわくします。大好きです。
    更新ありがとうございます。

  • 43へのコメント

    コメント欄が開放されている…だと⁉︎
    と驚きやって参りました。
    定められた断罪から外れた先の見えない二人の行く末がどうなっていくのか、ハラハラドキドキしながら楽しみにしております。
    更新ありがとうございます。

  • 24へのコメント

    睦言の様なというか睦言そのものです。本当にありがとうございました。

  • 22へのコメント

    エリーゼ様に歌を歌わせてはいけない気がする

  • 20へのコメント

    お義兄ちゃんが超お義兄ちゃんしてるw

  • 19へのコメント

    お兄ちゃんが超お兄ちゃんしています

  • へのコメント

    悪役令嬢のキャラクターが斬新でいいですね

  • 17へのコメント

    最高です…続きが気になって仕方ありません…

  • 13へのコメント

    誤字です。魔法の説明のところの。

    「使い方を謝れば恐ろしいものへと変容する。」

  • 11へのコメント

    読んでてすごく幸せになります…(*´▽`*)

  • へのコメント

    素敵です…!

  • 19へのコメント

    兄さんが格好良すぎて…好きです……

  • 17へのコメント

    がんばれノア!愛する彼女を幸せにするために!
    …先行きが困難な事は確実なので、どんな展開になるのかドキドキしています。
    ウィドーさんの怨恨の根源もとても気になります…