file3 -若葉の季節に芽吹くものー

file3 プロローグ



 恋をしていた。

 周りには言えない。

 何も聞こえない。

 だけど恋をしたんだ…。


 特技も何もない。

 持ってるやつが持ってるやつと自慢しあえばいい。

 毎日毎日、同じ時間を繰り返していく。持たない者はその繰り返しの中で生きている。


 だから思う。自分がいなくなってもどうせ誰も困らないだろうと。いても何も変わらないなら、いなくても何も変わらない。

 誰も泣かない。誰も笑わない。誰も話さない。


 人として、せめて人間としてのプライドだけは捨てたくはない。

 たとえ何かを失っても。たとえ何かが消えても。

 たとえ自分が消えても…。


 でも叶うのなら、自分が存在した証だけは忘れないで欲しい…。

 皆になんて贅沢は言わない。ただあの人にだけでも…。

 それが今の願い…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます