大人の力

 ガガーン、ガコン――

 コーン、コーン――


 扉を開ける音が反響するが気にする事はない。

 ここは個人で借りている倉庫だし、人が住んでるところからはだいぶ離れている。

 そばに別の倉庫があるが人が出入りしているのを見かけたことはない。

 そろそろアイツに水分と食料を与えておかないとまずい。


「めんどくせぇなぁ」

 コッコッ

 締め切ったまま三日も開けていない思いドアノブに手を伸ばす


「カレンはここにいるんですね?」


 驚いて後ろを振り向く。

 後ろから入る光に目が慣れてないせいでよく見えてないが、声には聞き覚えがある。

 しかもそんなに前じゃない。


「もう……やめませんか、都築さん」

「な、なにを言っているのかね? 君は……確か二日前の……」

「藤堂です。藤堂伊織の兄の。まぁ、伊織しか見てなかった、女の子にしか興味のないあなたには名前なんてどうでもいいんでしょうけどね」



 昨日、カレンを後ろに憑けたまま、また事務所へと来ていた。1度用事があって面接をしている妹がいることで訪れる理由はどうとでもなる。

 ここに来る理由、それは――

「すいませんちょっとお尋ねしますが、もし義妹いもうとがこちらにお世話になるとしたらどちらの方が担当になるんですかね?」

「ん~そうだなぁ? 状況にもよるけど都築じゃないか? アイツ女の子売り出すことに今は燃えてるからな」

「そうですか……。ちなみになんですけど、都築さんてこの辺りにお住まいなんですか?」

「いや、確か郊外の工場の息子とかで毎日通ってるはずだけど?」

 なんで? とか聞かれたけど、その辺は適当な理由をつけて誤魔化ごまかす。

 聞きたい情報は充分聞くことができた。

 あとはその場所を探す事だけど、知っていそうな関係者の人にも聞いたりしたが、一定のそれらしい場所は答えてもらえた。けど、その先まではみんな知らないと返ってくるばかりで、これ以上は俺には探し出せるだけのチカラはない。


『どうするの? もう遅いし明日にしようか?』

 ふわふわと浮きながら目の前にしゃがみ込むカレン。

『そんなに頑張んなくてもいいよ。もうすぐ見つかると思うし』

「いや、いやダメだ。カレンがいなくなって、連絡が取れないままもう1週間以上経つ。今まではもしかしたら説得したりしてどうにかできると思ってたかもしれないけど、それが無理だと、無駄だとわかったらもう止められなくなる」

 反射的にした言葉が意外と熱を帯びていることに少し恥ずかしさもあって、俺はしゃがんだままのカレンから少しだけ視線をそらした。

『じゃぁ、どうするの?』

 ふうぅ~っとため息を一つついて、ズボンのポケットに押し込まれていたままのケータイを取り出した。

「本当はあんまりこの手は使いたくないんだけどなぁ……」

 画面に出たままの名前を見て少し考える。

 そしてタップした


「もしもし、あ、父さん?」



「藤堂君だっけ? どうしたんだい、こんなところに。妹さんのことかな? だったら話は明日事務所の方で聞くから……」

 優しい笑顔を向けてくる都築。これが大人の営業スマイルってやつか。って少し感動するがいまはそんな場合じゃない。

「いえ、都築さん。先ほども言いましたけど、もうやめませんか? 日比野カレンさんが、カレンがここにいるんですよね?」

「…………」

「俺はもう知ってしまいました。そしてここまで来ている。違うとは言いませんよね?」

 そういいながら俺も入り口から扉をくぐって少し中に入る


 間が開いて、都築は腰を折るように小さくなって震えだした。

 いや、笑い出した。

「パッとしない小僧のくせに、よくわかったもんだな? お前、カレンの何? カレシ? まったく急に言う事聞かなくなったと思ったらお前か? お前がカレンをたぶらかしたのか?」

 外面そとづらをはがした都築は言葉遣いも荒く人が変わったようになった。

 こうして話している間に、カレンにはしてもらいたいことがある。

 前日家に帰ってから打ち合わせをしていたこと。

 そのことを目線だけでカレンに伝える。

 うなづいたカレンはふわふわと飛んでいくが――思ったよりもスピードがない。俺は冷たい汗が背中を流れていく。

 心の中で叫んでいた。


 ――めっちゃ遅くねぇぇぇぇ~!? つか緊張感台無しだしぃぃぃぃ~!!



 ようやく部屋からカレンの姿がなくなった頃、都築が無造作に転がっていた鉄パイプを手に持った。

「知られちゃってんなら一人も二人も同じだからなぁ…。ぼうずぅぅぅ消える前に参考までに一応聞いといてやるよぉぉぉ。何でわかったんだぁぁぁ?」

「わかったわけじゃない。確信があったわけじゃない」

「ならなんでだぁぁぁぁ?」

 

 やべぇぇ~、マジでこのままだとやられる三秒前みたいなかんじ?


 つか、あの人もまだこねぇし、クソッ!!こいつ、もう駄目だ。後ろのヤツにほとんど飲み込まれてやがる!!

「はじめは、ただの違和感だった。この1週間のあんたたちの行動や言動を聞いて、なんか違うなって思っただけだった。でも義妹いもうとを連れて行ったあの日俺はあんたの背にいるが見えた。そしてあの言葉」

「あのことばぁぁぁ?」

「あんた言ったろ? って」

 

 ぴくっと少し上体が揺れる。

 

 時間稼ぎをしたい俺はさらにまくしたてた。

「あれは、あれは生きていることを知ってるし、いる場所も知ってるから出た言葉だろ? それに、周りの人が言ってた。あんた、カレンがいなくなって連絡も取れなくなったのに全然探すそぶりもしてなかったってな!」

 そこまでをいっぺんに話したからさすがに息切れした。

 はぁ、はぁと荒い息をする。こういう時の俺ってほんとに情けない。

「んん~、頭の回る子は嫌いじゃないねぇ。どうだい?きみ、俺とくまないかぁぁ?」

「ぜったいにお断りします!!」

 ばばぁ~ん!!っていう効果音が聞こえてくるようにめっちゃカッコよく決めてみたつもり。


「ただ、どうしてカレンの記憶が駅で消えたのかが分からない 」

「あぁ、それは簡単さ。マネージャーが話があるって言ったら、普通疑いなく付いてくるさ。そこを眠らせたんだよ」



「ん~、君は見た目以上に度胸もあるようだねぇ~? でもバカだ。やっぱガキだな。君一人でこんなとこに来て、何ができるのぉ? 大人をなめてもらっちゃ困るよぉぉ」

都築の目はもうすわっていた。


 ――やばいねこれはヤバい。もう完全に冷や汗が止まんないもんね。確かにちょっと考えが甘かったかなぁ? っては思うけど非常にまずいです。

 

 思っていると遠くからサイレンの音が聞こえてきた。

 良かった間に合ったと心の中で何度も繰り返す。俺が待っていたものがもうすぐここに来る。それはもちろん俺の耳にだけ聞こえたわけじゃないみたいだ。

「ちっ、ケーサツ呼んでやがってたのか」

「はい、もちろん。俺はまだ坊主でガキですから、大人の力を使わせてもらいますよ。それに、言い逃れはできませんよ?奥にカレンがいるんでしょうから」


 バンッ、ババンッ


 サイレンの音が近くで止まり、車から人が降りた音が倉庫に響く。

 警察の人が突入してきたのはその後すぐだった。

「都築、都築恵一だな?未成年略取、ならびび監禁容疑で逮捕する」

「さがせ、どこかにいるはずだ!!」

 先ほどまで緊迫していた倉庫の中にバタバタと数人が駆け込んでいく。

 目の前で取り押さえられている都築は、俯いたままブツブツと独り言をつぶやいているようだが、すでに俺の方に意識が向いているようには見えない。

 まだ彼の背中にはそのモノがついていて先ほどよりも暗さを増して大きくなって見える。

 心の中で舌打ちする。何度も見てきた光景で嫌になる。それも一度ではなく数えきれないほどに。助けることができなかった悔しさもまた押し寄せて来ていた。


「被害者発見!! 被害者発見です!!」

「意識はないようですが無事です!!」


 その言葉を聞いてようやく安堵した。

 一つため息をついて、ようやく外に出ようと振り向こうとしたが足が動かない。そのうえ震えている。

 強がってはいたものの、俺はやっぱりビビっていた。


――ああぁ~!! びっくりしたさ!!相手大人だし!!こっちは俺一人だし!! カレンいたけど幽霊だし!! それにアイツ鉄パイプとか持ち出してるしぃぃぃぃ~!!

 

 てなことを考えていたら、警察の方が後ろから支えてくれた。

 付き添われる形で倉庫から出たのはおそらくその10分後くらいだったんじゃないかな。


 すでに規制が張られているその下をくぐり警察車両の集まっている方へと誘導される。

 ちょうど救急車からストレッチャーが出されて倉庫の方へ向かうところだった。

 これから車の中で事情聴取されるのだろう。


「あれ?」

 俺は場面に似合わない声を上げる。いや正確には上げたらしい。記憶にない。

 歩いた先の車の前に、ヘッドライトでよく顔が見えなかったが、腕を組み足を広げた(言うと怒るからあんまり言えないけど決して長くはない)見慣れたシルエットが見えたから。


「や、やぁ、とう……」

 ゴスッ!!

 ッっ!!

 その場にうずくまる俺。

 

――うん、殴られた。マジなヤツ。


「な、なにすんだよ!! 俺は子供だし情報提供者だぞ!! 功労者なんだぞ!! 」

「はっはっはっは。何を言ってる。だからこの位ですんだんだぞ!! 父の愛だと思え!!」

 ゴスッ

 まさかの二発目きた~~!!

「ほらっ乗れ」

「わかったから押すなよ!!」

 無理矢理に後部へと押し込められると

「良くやったな……さすが俺の息子だ」

 っと、小さなほんとに小さな声で父さんは言ってくれた。

 これには俺もジンと来て「うん」と頷いた。


 それからその場で事情を聴かれたのだが、その間にカレンを乗せたであろう救急車は行ってしまい、話することはもちろん一目見ることすらできなかった。


 それから俺は警察署へと場所を変えて話をすることになり、そのままパトカーに乗せられ倉庫を離れた。


 ――街の中に向かって走っている車の中で、大人の力に感謝しながら、外側から見る街はこんなにキレイなのになぁ……って本気でそう思っていた。



 後日談ではあるが――

 前の日に息子からの電話で事情を知った父は、その日のうちに上司と掛け合ってくれて総動員して事のウラを取ってくれたらしい。そして倉庫に向かう車中では 「時間に間に合わんと息子が死ぬ!! とばせぇぇぇぇぇ!!」

 っと言っていたとかいないとか――





※作者の後書きみたいな落書き※

この物語はフィクションです。

登場人物・登場団体等は架空の人物であり、架空の存在です。

誤字脱字など報告ございましたら、コメ欄にでもカキコお願いします。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます