アメリカ人男性とねこ


 アメリカ人男性は「男らしくなければならない」という呪縛にかかっている気がする。ムキムキでごつごつがもてはやされる。


 夫の友人でスティーブマーチンをごつくしたような人がいる。元軍人の60代の人で、奥さんが猫大好きなのだが


 「猫はどうもなあ、俺はドーベルマンとかデッカイ犬が飼いたいんだよ、男らしいだろう!」と常に言っている。


 自宅の猫はやはり懐いていないらしい。She hates me俺のこと大嫌いなんだと言っている。たぶんうちの夫と同じで、猫空気が読めずに犬的に接してしまうのだと思われる。


 すなわち(人間)の都合の良い時に触ったりすること。ねこは(ねこ)の都合の良い時でないと触ってはいけないのだ。


 この友人がうちに泊まりに来たことがある。チャチャはドアが開く瞬間にシャーと逃げて2度と出てこなかったが、コタローは「おぢちゃんはどなた?」と小首をかしげながら出迎えた。


 「猫はどうもなあ」のスティーブおぢちゃんも一瞬で恋に落ちた。


 「オ~かわいいなあ、こっちに来たぞ、ほほ~名前は何と言うんだい?」


 「日本の名前を付けたのよ、コタローっていうの。難しいよね?コタって呼んで?」


 「OK OK  カトー!」


 カトーじゃねえ。


 アメリカ人が良く間違えるコタとカトー。Kが付く名前はカトーだと思い込んでいる年齢だ。苗字だということもわかっていない。ちなみに夫の母は私たちの子供にミフネと名前をつけたがった。三船敏郎のファンだったからだ。


 さて、スティーブさん。目上の方だ、プライドを傷つけてはいけない。そっと間違いを正そうと


 「コタ~こっちおいで」と言ってみた。スティーブすかさず


 「イエス カモン カトー」


 もういいや。


 カトーさんは気にもせず、とことことやってきた。人見知りをあまりしないカトーさんはお客さんに好かれる。かわいがられている姿を見るととても嬉しい。


 チャチャはドアの外に誰か来ただけで、低い声で唸りまくり、フシャーフシャーと威嚇をして走って逃げていく。お客さんがいる間は絶対に出てこない。

帰ったとたん「にゃーん」と子猫のような声で出てくる。そのギャップもまた家族にはたまらないのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます