ラザロの人類

作者 夢見里 龍

13

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

すべてを融かし滅ぼす黒い雨。
その雨のせいで人類は争い、破滅の道を歩んでいた。
そんな中、黒い雨の降らない≪楽園≫を目指す男がいた。
だが、男は拒まれる。
せめてもの慰めにと、男は一晩の休息を与えられるが……

とても静かな物語です。
ですが、短編アニメ映画でも見ているような気持にさせられます。

善悪では語れない世界。ぜひご一読を。

★★★ Excellent!!!

物語の始まりは主人公がある場所を目指すところから始まります。
男は何処を目指すのか?男の前に現れた、車いすの男と付き添う女。その2人の目的は?
読んでいくごとに明らかになっていきますが、その流れがとてもうまいです。また、終末系、特に終末旅行系の「どこかを目指す」という流れをしっかりと理解しつつ、最終的には──というところも流石と思いました。

物語は短いですが、その短さに反比例する物語の濃さは必見です。
個人的に一番好きなのは、車いすの男のあるセリフですね。重要なところで繰り出される別れの台詞。よくある言葉ですが、重みが違います。
こういった素晴らしい作品がいっぱいカクヨムにあるのだな、と再確認しました。ぜひ、お読みください。終末系初心者の方でも、読みなれている方でも楽しく(あるいは悲しく)読める作品だと思います!おすすめです!