異世界に行ったけど、地球の物が手に入るのでスローライフを目指す!

作者 功刀

1,639

659人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

正直、本当にお前26歳の社会人だったのかと疑いたくなる、主人公の年齢が中学生や本当はダメな引きこもりと言われても信じる位には考えなしすぎる。
村を出るまではまだ我慢できる人も居るだろうが街に来てからは多分主人公にイライラする事がとにかく多い、正直周りの女性キャラでもってる感じです。
あと、現在四章目ですが現時点でも放置されてる謎が多いのでそこも好みが別れます。

Good!

働きたくない、ダラダラしたいなら最初の村とかで食料でも提供しながら住んでおけば良いのに王都に行って商売したりする。
権力者の目にとまる行動を平気でする。

そういう話が好きなら会うかも。

ちなみに化学調味料は後味の悪さを感じる人もいる。
個人的には、自然物しか食ってなさそうな住民が普通に食ってるのが少し違和感あるかなぁ。

Good!

制限付きで地球産の品物が手に入ってそれで悠々自適な生活送ろうって話なんだけど、
この主人公は元からそんな気は無いよ!ってなくらい行動しまくります!
それこそ無計画に脊髄反射で!もうアホな子です!
性格と能力が不一致してトラブル伏線を引っ掛けまくって読者をハラハラさせまくるでしょう!
その不一致さを楽しむ作品だと考えて読んでください。