ここにある言葉は全部小説に変換して盛り込んでるんだけれど、何か勿体無いからそのままの状態で書いたものを残しておいた。

作者 木元 宗

13

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?