神風

 俺が高校生の時の、日本史の時間の話だ。

「蒙古襲来は、いつかな?」

 確か、1274年だったな。俺は思い出した。

「その通り。それは文永の役だ」

 あ、そっか。もう1回あったな。確か、弘安の役だったはず。

「うむ。それは1281年だ。あっているぞ」

 ふう。俺の知識に問題はなさそうだな。

「そう油断するな。重要なのは、北条時宗のように隙を見せないことだ」

 確かに武士なら、身を引き締めるべきだものな。

「そうだ。そうすれば神も風を吹いてくれる」


 蒙古襲来…元寇とも言う。世界の4分の1を支配していた当時どころか今までの歴史の中でも1番大きな帝国が日本に攻めてきたことがある。

 そこでこんな話を聞いたことないか? 

 神風が吹いて、元を壊滅させた。

 間違ってはいない。でも、あってるかというと、ちょっとだけ違う。

 元の船は、海上にいた。だから神風…今でいう台風が直撃して壊滅するんだけど。どうして元は海の上にいたのか?

 博多には防塁が築かれてはいた。でも進軍が阻まれたのであって、元も少しは上陸できたはずだろう?

 理由はな、日本の武士が強すぎたんだ。それはそれは、元の予想の遥か斜め上を行くぐらい。陸地を少しでも占拠することもできなかったようだ。

 そもそも武士が弱かったら、元は1度目の侵略で日本を攻略できたはず。でも、できていない。そして2度目も全然敵わなかったのだ…。

 だから元軍は海に留まるほかなく、そこに台風が直撃したってワケ。

 確かに風は吹いたけど、それは武士が隙を見せなかったから、功を奏したんだ。

 これが第二次世界大戦時に勝手に美談になって、神風特攻隊なんてできてしまって…。これを知ったら北条時宗は、何を感じるんだろうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます