たまには異能力ファンタジーでもいかがです?

作者 大野原幸雄