第27話 剣の乙女アンジェリカ、郊外の戦い ~その2

 アンジェリカ・スキルヴィンクは、苦戦していた。

疲労と、追い詰められた精神状況ゆえに息が上がる。

それでも諦めまいと、険しい表情で、唇を強く結んだ。


彼女は一方的に攻撃されていた。

力場魔術フォース防護魔術シールドを使い、未だなお、不正者チーターから放たれる衝撃波に耐え続ける。

反撃に、多数の光の剣を空中に展開し、射出。迫る不正者チーターをけん制した。


「くっ、キリがないっ!」


だが、助けた人質を抱えたままでは、防御に回るしかない。

民間人を、倉庫のコンテナを盾に庇い続ける。


顔面から血を流し、意識を失った女性。

 男性は、両手で顔を覆いガタガタ震えながらうずくまっていた。

まともに動ける状態ではない。


 ひたすら倉庫の中から現れた不正者チーターを一手に、食い止める。


 不正者チーターの一人、スーツ姿の若い男が手をかざした。


「消し飛べっ、グラビティボム!」


 その不正者チーターの遊びじみた掛け声とともに、生み出されたのは、漆黒の球体。

それが、放物線を描いて飛来する。


アンジェリカは、その攻撃が重力による空間ごと押し潰す攻撃と推測。防ぐのではなく、剣を射出し撃ち落とすべきだと判断。

浮遊させていた光の剣を、漆黒の球体に向かって射出した。


 放物線を描いていた漆黒の球体は、光の剣がぶつかった。

瞬間、急激に膨張し破裂。光の剣は相殺しきれず、消し飛ぶ。

破裂した球体は重力波を生み出し、周囲の空間を歪曲させて、圧殺したのだ。

 直撃すれば、力場魔術フォースを貫通していただろう。

 

「へえ。 俺のグラビティボムを相殺するとか……びっくり。 こいつが、今回のボスキャラってとこ?」

「ボスか、倒せば経験値がたくさん入るな!」


 まるでゲームをしているかのように、不正者チーターたちは話し合う。

 彼らには、現実感や命を懸けているという危機感が欠如していた。


「なら、好都合だ。 今まで貯めていた魔力を、全部叩きつけてやるぜ!」


 呼応した不正者チーターが真っ青に輝く剣を振るう。

その斬撃が、巨大なエネルギー波となり放たれた。

 

「これは相殺しきれない。 わたしを守って、護法剱鎧ごほうけんがい!」


アンジェリカは、自身の周囲に浮遊させていた剣を操る。

エネルギー波に対し、盾のように割り込ませた。並び立つ剣は結界を作り出し、放たれた、攻撃を防いでいく。

だが、その引き換えに魔力を急速に消耗していく。


 アンジェリカの額を汗が伝う。


「……このままだと持ちませんね」


 彼女の本来の戦闘スタイルは、兎跳びを使用しての高速戦闘。

 光の剣をけん制用の射撃武器として使いながら、敵の懐に潜り込み、両断する。

 生粋の強襲兵アタッカーである。


 当然、誰かを庇いながら戦えば、本領は発揮できない。


 そんななか、灰色の影が現れる。

 夜空から降り立つように、その人物は現れた。


「今宵もご苦労なことだな、『剣の乙女レヴィアラタ』とやら」


 赤き眼に、灰色のローブ。

 静かに音もなく忍び寄る、顔もわからぬ者。

再び、アンジェリカとネズミの王『灰色歩きグレイウォーカー』は相まみえたのである。


 灰色歩きグレイウォーカーが、不正者チーターたちの群れに身を投じる。灰色歩きグレイウォーカーは腕を振い不正者チーターに向かって、叩きつけるように振るう。

だが、不正者チーターたちはとっさに防護魔術シールドを形成。振るわれた素手による攻撃を、防ごうとする。だが、その振るわれたその右手は、易々と紙を破り捨てるが如くシールドを突き破る。


「こいつ、シールドが効かねえっ」

「やられる前に仕留めろ、シールド無効化能力者だ!」


 シールド無効化能力者などという、意味不明な断定を不正者チーターたちは下した。


 青い剣を持った不正者チーターが、反撃に転ずる。

 剣が振るわれるたびに、斬撃が増大しエネルギー波となって放たれる。

 だが、先ほどより、そのエネルギーとなった斬撃のサイズは小さかった。


「ちっ。 溜めが足りてねえな。 それでも直撃だぜぇ!」


その斬撃が、灰色歩きグレイウォーカーに直撃した。

……かように見えたが、エネルギー波はすり抜けように避けられる。


「なっ、嘘だろ。 当たったはずだ!」

「ふむ。 戯言はいい。 その剣……なにか仕掛けがあるようだな」

「寄るんじゃねえ!」


 不正者チーターは激高し、青く輝く剣を振るおうとする。

しかし、灰色歩きグレイウォーカーは、不正者チーターが振りぬ前にその刀身を掴んだ。


「その剣、振り切らねば斬撃を放てぬか。 つまり、近づけば、結局はただのブレードにすぎんのだな」


 刀身を握る力が、どんどん強くなっていく。

 不正者チーターは剣を振るおうとするが、微動だにしない。

その握力に耐え切れず、剣にひびが張っていく。


「剣自体は立派なものだが、ただそれだけではな」


 とうとう刀身が耐え切れなくなり、剣が砕け散った。


「覚えておけ。 敵を殺すのは、剣ではない。 ……使い手だ」


 そのまま青い剣を使う不正者チーターを、一撃で殴り倒した。

 灰色歩きグレイウォーカーを攻撃する余裕は、他の不正者チーターにもなかった。

 阿鼻叫喚、不正者チーターたちは悲鳴を上げる。


「ぐぁあああああっ」

「なん、なんだこれはっ!?」


 無数のネズミたちが、不正者チーターを襲う。

 チート能力による攻撃で薙ぎ払っても、数の多いネズミを始末しきれない。シールドを無効化し、手足を食いちぎる。口内へと侵入し、窒息させようとすらしてくる。


 そのすべてのネズミの眼が、赤く発光していた。


「……なかなか見ものよな」


 灰色歩きグレイウォーカーは堂々と佇んでいる。

 この世に、自分に立ちはだかりえる者など、ありえないというかのように。


アンジェリカは、愛剣を握りしめた。

表面上は、平静を取り繕った。


「なぜ、今現れたのです!」


 アンジェリカは、灰色歩きグレイウォーカーに剣を向けた。

 必要ならば、相討ちの覚悟だった。


「ほう、元気がいいことだ」


 面白いものを見たかのように、灰色歩きグレイウォーカーは笑った。

 何度、叩き潰しても、この娘とその部下は刃向かってくる。


 どこかで見た連中だ、と灰色歩きグレイウォーカーは興味を持っていた。

 

他の警邏騎士は、一度叩き伏せれば、まともに戦おうとしなくなる。

警戒して、逃げに徹するか戦闘を避けるのが当たり前だった。


「お前たちはいつだって、余を倒すために全力を振り絞ろうとするな」

「当然です。 我々は、貴方には屈しませんっ!」


 アンジェリカは、そう言い切った。

 恐怖を感じていないわけではない。

 それでも、彼女には矜持があった。


「わたしたちは、力なき人々の最後の盾にして剣なのです」


 強い意志を感じる瞳だった。

 今の生き方が最善である、と。今生きることが全力である、と。

そう言わんばかりに。


「いい眼だ。 そのような眼をしている人間を叩き潰すのは、確かになかなかに面白い」


 アンジェリカは、武器を持つ手に力を籠める。


 だが、同時に灰色歩きグレイウォーカーから、アンジェリカは間合いを取った。

そのままの距離で戦えば勝ち目はないと、今までの経験から踏んでいる、

 灰色歩きグレイウォーカーは、冷ややかだった。


「しかし、無謀に過ぎると言うものだ。 余に害意があれば、すでに何度も無残な死体となっているはずだ。 それがわからぬ、其方ではあるまい」


 その通りだ。

 灰色歩きグレイウォーカーが本気になれば、いつでも自分たちを殺せる。

 それは、アンジェリカにもわかっていた。


「威勢が良いのは非常に結構。 だが、子度は戯れるために来たわけではない」

「では、なんのために来たのですか?」


 アンジェリカ・スキルヴィンクは、ひるまない。


「其の方に助力にしに来たのだよ」

「……どういうことですか」

「足手まといを抱えてなお、この苦境を潜り抜けられるとは思ってはいまい」


 アンジェリカ・スキルヴィンクにはわかっていた。

 ミハイルは時間を稼ぎ、かく乱をし続けている。それでもなお、数の利は覆しがたい。

 自分自身も戦い終える前に、魔力が尽きるかもしれない。


 民間人を助けることを考えれば、灰色歩きグレイウォーカーの助力は必須だ。


 迎撃の隙を見て、火炎使いの不正者チーターが、炎を放つ。

 まずは襲い掛かるネズミたちを、焼き尽くすことにしたのだ。


「こいつらなんて燃やし尽くしてやるぜぇ!」

「失せろ」


 迫りくる火炎に対し、ネズミたちは集まり束となっていく。

 そのままネズミの群れは、火炎使いの不正者チーターに無謀に突っ込んでいく。そのまま焼き払われるかと思えば、途端、炎はネズミたちを逸れ、真っ二つに引き裂かれていく。

 炎はネズミ一匹焼くことはない。


「な、これは魔術か? ネズミが魔術を使うだと!?」

「人間だけが特別だと思ったか。 たかだが、二本足で歩けるだけが取り柄であろうが」


 灰色歩きグレイウォーカーが、手をかざす

 ネズミたちを焼くために放たれた炎は、真っ二つに分かれている。その炎が、時間を巻き戻されるかのように逆流していく。

真っ赤にうねる炎は、巨大な双頭の蛇となり不正者チーターを飲み込んでいく。


「ぁあああっ!」

「黙れ。 貴様の悲鳴は聞くに堪えん。 まだ、あのおぞましい発情した猫の方がマシなほどだ。 せいぜい、ネズミにでも生まれ直せ」


 他の不正者チーターが、衝撃波を飛ばしてくるも、片手でそれを弾き返した。

 いつもなら巧みに回避するが、本当に人質を守るつもりなのか、攻撃からかばうように、行動している。


 その合間に、アンジェリカが光剣を飛ばし反撃した。

 幾重にも連射される剣が、次々に不正者チーターを貫いていく。


「そうだ、防御は余が対応してやろう。 雑魚は其方に任せる」


 灰色歩きグレイウォーカーは、次々に不正者チーターたちから放たれる攻撃に対処する。

 ネズミたちを動かし、攻撃をそらし。

正面から飛んできた魔術を、直接、腕で殴りつけるように弾き飛ばす。


「にしても、あの|不正者チーター《チーター》ども。 なぜ、こんなところに集まっている? それも、ここだけではない。 なぜ、分散した?」

「……そこまで情報を掴んでいるのですね」

「この街で、余の知らぬことなど、そう多くはない。 何度も言わせるな、たわけめ」

「相変わらず、得体のしれない人です」


 その話し合う、二人の背後。

 倉庫のコンテナ上に、突然、不正者チーターが現れた。


「いつの間に!」

「ふん、透明化か。 自分の仲間をおとりにするとは、少しは頭が回るではないか」


 灰色歩きグレイウォーカーは、その不正者チーターがどんな手を使ったか見抜いた。

そのトリックは、透明になり気配を隠すチート能力によるもの。

 いくら警戒していても、肉眼では簡単には捉えきれない。


 襲撃をかけた不正者チーターは、人質にするべく、身動きのできない民間人に襲い掛かる。

 その凶行を阻むことは、灰色歩きグレイウォーカーにもアンジェリカにもできない。

 そう思われた。


 ――三条の光が走る。

光線が、襲撃者の手足を貫いた。


飛び掛かった空中で射抜かれた不正者チーターは、そのまま無防備な態勢で無様に地に落ちる。


「オグレナスの『三点必中スナイプ』……。 やはり外しませんね」


 アンジェリカは、確信していた。

 必ずや、弓兵アーチャーのオグナレスが、敵の凶行を止めることを。

 攻撃の正体は、弓兵アーチャーである彼による狙撃である。


 オグナレスの射撃精度は恐るべきものだが、その特筆するべきは瞬間的な連射火力だ。

 

 狙撃魔術は、通常よりも精度が求められる。

当然ながら、本来、一度に一射が限界である。

それを一度に、魔弓による狙撃三射行い、そのすべてを標的に的中させる神業。


彼の三射必中の構えから繰り出される、狙撃魔術の乱れ撃ち。

本来なら当たらないはずのそれを、成功させるほどの魔術精度、その制御能力。


それがオグナレスの『三点必中スナイプ』だ。

 次々に、弓兵のオグレナスによる狙撃が行われ始める。

 徐々に状況が打開されていく。


「これなら、なんとか凌ぎ切れるかもです」

「凌ぎ切る? そんな甘い状況ではない…… すぐに、その足手まといを連れて離脱するがいい。 いや、もう遅いか」

「えっ、どういう意味です?」


 そこに二人の不正者チーターが現れる。

 先ほど、グラビティボムとやらを作り出した不正者チーター。スーツ姿の若者だ。

それと、もう一人。


「鬼安さん、こいつらやりますね」

「……ああ、思った以上だな。 だが、うまい具合に他のプレイヤーを消してくれた」


 サングラスを掛けた坊主頭の男。

 鬼安と呼ばれた男は、他の地に伏した不正者チーターを見て、そう言った。


「あなたたちは……いったい、どういうつもりなのです!」

「あら。 お嬢ちゃん、まだわかってないの?」


 スーツ姿の若者は、軽薄な口調でせせら笑う。

 

その一方で、鬼安と呼ばれた男は、感情を見せない。

 ただ、ゆっくりと静かに話す。


「この状況こそが……実に、好都合だ。とそう言ったのだ」


 それを合図にスーツ姿の若者は、指を鳴らす。

 地に伏せた不正者チーターたちから、なにやら煌めく煙のようなものが抜けていく。その勢いは、どんどんと増していき、その煙がスーツ姿の若者の手元に集い満ちていく。

煌めく煙は輪へと変じる。


「門よ、開け。 我が前にいでよ」


 煙で描かれた円環は暗黒に染まり、空間が歪む。

その向こう側から、唸り声。爛々とした双眸。

 巨大な大鷲の翼が、羽ばたく。

 研がれたような鋭い爪が、地を踏みしめた。


「殺戮しろ、グラシャラボラス」


 顕現したるは、翼を持つ大狼。

 ……獣は吠えた。

 空気を震わせ、心身へと伝播する。

本能が相対することを拒絶する、精神を切り刻む。


 喉が絞まり、手が震える。

 声が出ない。息が出来ない。

 意識が遠くなる。


「しっかりしろ、娘。 意識を保て」


 アンジェリカは、灰色歩きグレイウォーカーの声で意識を取り戻した。

 危うく、気を失う寸前だった。


「……あ、あれはデーモン?」

「やはり、異世界の存在か。 こちらの生物ではないな」


 デーモンは異世界ニーダでも、恐れられている存在だ。

 強力なデーモンを筆頭に、一定の能力を超えた怪物は、人間を恐怖に陥れる強力な精神干渉能力と、下位となる怪物を操る統率能力を有する。

 その精神干渉能力の前には、普通の人間ではまず太刀打ちすることが出来ない。まず精神干渉能力に抵抗する能力を身に付けねば、魔術師であっても戦うことすらままならないのだ。


 灰色歩きグレイウォーカーは、アンジェリカの盾になるかのように前に立つ。

 大狼グラシャラボラス。その隣に立つ、二人の不正者チーター


 いつも飄々としていた灰色歩きグレイウォーカーの声には、焦りが滲んでいた。


「さっさと逃げるがいい」

「逃げる……なんて」

「最初は似ていると思っていた。 だが、全て勘違いだった、 これは似てるんじゃない、アレそのものだ。 ……お前たちには手に負えぬ」

「わたしは逃げません!」


 どんなに勝ち目がない相手でも、彼女はメジャーサークルである『炎の監視者ウォッチャー』に所属する魔術師だ。


 『炎の監視者ウォッチャー』は、研究者である魔術師の流れを持つサークルに非ず。騎士や軍人の家系が集まる軍事系サークルである。

 恵まれた環境にある彼らだが、いざと言う時に命を賭して、人民を守り率先して死ぬのが自分たちの仕事だと、幼いころから教育されている者たちだった。

 人類の滅亡を防ぐため、その存続のために死ぬのが責務なのである。


 地球マトリワラルにいる平和な世界で生きている人々とは、心構えが違った。


「愚かな、死ぬのならば一人で死ね。 だが、無辜の民衆を巻き込むな」


 だが、灰色歩きグレイウォーカーは吐き捨てるように言った。

 死ぬための覚悟など、邪魔でしかない、そう断じた。


 アンジェリカは言葉に詰まる。


剣の乙女レヴィアラタ。 其方にも、できることがある。 廿日陽介に伝えろ、戯けたことに、この事件に『ハーメルン』が使われている……とな」

「廿日くんがなぜ、関係あるのですか! ハーメルンって……」


 スーツの男が漆黒の球体、グラビティボムを放つ。

 グラビティボムが放物線を描いて飛来。灰色歩きグレイウォーカーは、片手で弾こうとする。


しかし、灰色歩きグレイウォーカーの右手が触れた瞬間、球体は急激に膨張。右腕を巻き込んで破裂。そのまま肩から先が消し飛ぶ。空間ごと重力波が圧殺した。


 右肩から先をなくし、呆然と立ったままの灰色の男。


「あれれー。 まさか俺たちが逃がすと思ってるのー?」


スーツ姿の若者は、それが愉快だと言わんばかりに笑う。

……しかし、その笑いは凍り付いた。


 灰色歩きグレイウォーカーは、首をかしげるような動作をした。

自身の消え去った右腕を、観察している。


「ふむ、なんだこの攻撃は。 魔力を乗せた攻撃でも、防げないとは驚いた」

「あ、いや、なんでアンタ……腕もげてるのにピンピンしてんだよ」


 スーツ姿の若者は目を見開いた。

 灰色歩きグレイウォーカーは腕を失ってもなお、平然としている。


「驚くのは、まだ早い」


 灰色歩きグレイウォーカーは、こともなげに腕を振るう。何事もなかったかのように、そこには再び右腕が存在していた。


「……こういうこともできる」


スーツ姿の若者は、口とぽかんとあけたままだった。


 坊主頭の男、鬼安が左右の革手袋を嵌めなおす。

 拳を確かめるように握りしめて、構えた。


「ほう。 どうやらコイツも、正真正銘の化け物ののようだな」

「あー、やだやだ。 マジで、はずれ引いたわ……」


 スーツの若者は、うんざりしたような様子を見せてから、手のひらをかざす。十数個にも渡る漆黒の球体を生み出した。


「早く行け、剣の乙女レヴィアラタ! 余とて、そう長くはもたぬぞ」

「わ、わたしはっ……」

「いいから行け!」


 アンジェリカには、無力な民間人たちを抱え、その場から離れるしか選択なかった。

 彼女は、必死に駆けだした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます