霊動甲冑戦記「ポイント・マテリアル」

作者 早起き三文

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第1話「ポイント・マテリアル」へのコメント

    重厚な世界観と本格ファンタジー&ロボットアクション、作者様はかなりの実力派とお見受けしました……!

    作者からの返信

    読んで頂いて、本当にありがとうございます!!
    これからもこの御言葉を励みに、頑張りたいと思います!!

    2019年8月1日 15:50

  • 第1話「ポイント・マテリアル」へのコメント

    一話だけですが、書きます。
    拝読させていただきました。
    異世界×ロボットというと、他にも作品はありますが、ここまでハードで濃ゆーい作品は初めてです!
    ただ、登場人物が何をやっているのか読み取りづらかったです(斯く言う私も練習中ですがw)。
    続きも楽しみながら読もうと思います!

    作者からの返信

    ありがとうございます!!
    筆者と致しましては「乱戦」、それを描こうとしているのですが、なかなか上手くいきません……
    ともあれ、読んで頂いて重ね重ねありがとうございます!!

    2019年7月26日 13:00

  • 第0話「黄金の街道」へのコメント

    自主企画『投票コンテスト』
    https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054890194164
    に参加されて参加手続きを済ませていない方々にお送りしております。

    正式な企画参加には、ルールに目を通された証として参加表明の手続きが必要となります。
    以前の企画の時に、作品だけ登録して自身の投票をすっぽかしてしまう参加者が増えたために加わった手続きとなります。
    お手数をおかけして大変申し訳ございませんが、企画ルールにご同意頂ける場合は、トップページの説明に従って、参加表明の手続きをよろしくお願いいたします。

    なお、このコメントは、作者様が確認されたら削除していただいて構いません。

    作者からの返信

    投票のリンクが繋がりません。
    4日にならないと参加出来ませんか?

    2019年7月1日 15:10

  • 第22話「魔相の者ども」へのコメント

    デーモンの連中もなかなか癖が強いのが揃ってますね……。そして連中もPMに搭乗する可能性が?!

    作者からの返信

    人の形をしていれば乗れるでしょうね。
    読んで下さって、ありがとうございます!!

    2019年6月16日 21:04

  • 第21話「アイ・ワークス」へのコメント

    更新お疲れです!

    久々のポイントマテリアル、変わってなくて良かったです! これからも頑張って下さい!

    作者からの返信

    ありがとうございます!!
    いやー、そちらさまのアルヴァリスももはや凄い話数に……!!
    これからも、身体を壊さない程度に頑張って下さい!!

    2019年6月11日 10:53

  • 第1話「ポイント・マテリアル」へのコメント

     まだ一話しか読んでない上、こういったロボット系の小説を読んだことが無い身ですので、見当違いの事を言ってしまっている場合は申し訳ありませんが聞き流すかこのコメントごと消して頂けると幸いです。

     まず読んでみて思ったのが、誰が今、何をしているのか分かりづらい。というのが申し訳ありませんが率直な感想です。
     というのも、他の方が仰っているように、まだ人の名前と特徴も一致していない状況で、これほどの大混戦を演じられてしまっては、どうしても説明が足りないように感じてしまいます。
     その上、全員の機体の差異が散りばめられるように書かれていた印象があるので、もう少し機体ごとの特徴やフォルムが纏めて書かれてる部分が欲しいかな?と思いました。
     とはいえ、ロボット物という想像するだけでも難しいジャンルを書けているのは凄いと思いました。この先どう話が動くのかとても楽しみにしています。

     わざわざ意見交換ではない私の企画に参加して下さったのに偉そうに語ってしまって本当にすみません。
     この度は良い勉強の機会を本当にありがとうございました。

    作者からの返信

    涼風鈴鹿様、ご指摘ありがとうございます!!

    目下の所、話を根本から変えない限りには。
    ・第一話を分離させる
    ・第0話を入れる
    の内、どちらかを行うしか無いと考えております。
    基本的な骨組み、すなわち作品方針につきましては様々な方からご指摘を受けておりましたが、その事に関しましては私の筆力不足としか申し上げられません……
    しかし、好きな物を書くのが小説投稿サイトでありますならば、どうにか実力を上げる、すなわち(他の方の作品を良く読みながら)書くしかないと思っております。
    お見苦しい文をお見せして、申し訳ありません。

    2018年10月28日 19:41

  • 第5話「悪魔降臨」へのコメント

    拝読させて頂きました。ファンタジー世界での機動兵器戦というのは今ではあまり見ない気がしますが、やはりそれだけの強みがあるなと感じました。面白かったです。ファンタジーでは定番の巨大なモンスターが絡んだりするとやはり映えるなぁ、としみじみ。先を読むのが楽しみです。

    作者からの返信

    お読み頂いて、本当にありがとうございます!!

    私も意外に思ったのですが、結構カクヨムにはファンタジーロボット物を書いている方が多いので、その関係の自主企画や私のフォロー様(失礼)の作品などを拝見してみてはいかがでしょうか?

    私の作品よりも、面白い話が沢山ありました……😅

    2018年9月25日 11:12

  • 第18話「魔怪鳥アンズーとウルフー・デ…へのコメント

    読ませていただきました。
    物語の世界観は嫌いじゃありません。可能性も強く感じます。もっと、ダーク寄りでも良いかも? まぁ好き嫌いの範囲ですね(苦笑)
    あくまでも私見ですが、約10万字+(要はラノベ文庫一冊分)を意識して書かれると、全体がもっと読みやすくなるかな、と思いました。

    作者からの返信

    ありがとうございます!!
     
    話数、いや文字数に関しましてはいつの間にか10万を超えてしまってまして……
    ただ、第一部などと区切って、ある程度には纏めたいと思います。
    話数も文字数の事も、書いているときには頭に無くなってしまうです……

    作風としては、自分では結構ダークかなぁとは思っておりますが……(笑)

    2018年9月17日 11:26 編集済

  • 第16話「魔機アンズワース」へのコメント

    三人称視点から書くバトルと時折入る擬音がバトルの迫力を引き立てていて内容がスラスラと頭に入って来ました。

    擬音の使い方、参考にさせてもらいます。

    作者からの返信

    有り難うございます!!
    お褒めのお言葉を頂き、大変嬉しく思います!!

    日向様も御作品を頑張って下さい!!

    2018年8月16日 14:15 編集済

  • 第1話「ポイント・マテリアル」へのコメント

     自主企画の方から拝見しに参りました。
     近年あまりロボット物は数を減らしている気がしますし、子供の頃からスパロボ作品を遊んできた自分にとっては興味を惹かれる作品です。

     まだ先の方まで読んでいるわけではないですが、個人的に思ったことがあります。ここ「カクヨム」は他のサイトと比べるとPCで閲覧した場合、行ごとのスペースが広めに取ってある気がします。
     なので長文になれば別ですが、もう少し改行を少なくしても良い気はしました。セリフと地の文の間はともかく、セリフとセリフは会話なら続いていてもいんじゃないかと。
     それと場面が切り替わるときの改行も例えば『☨』や『★』などを使えば、もう少しコンパクトに場面の切り替えを現わせる気がします。最近のラノベでもこういう手法は見ますし。


     まあ個人的なものなのでひとつの考えと思ってください。人それぞれに書き方はあると思いますし、自分の書きやすいように書くのが1番ですから。


     長々と書いてしまいましたが、今後も頑張ってください('◇')ゞ

    作者からの返信

    貴重な御意見、ありがとうございます!!

    改行についてですが、実は以前もある方から(別の作品ですが)ご指摘された事があります。
    自分の書いている小説の会話文は常にどこか感嘆符など(!と?)が多様される傾向がありまして、たとえば。

    ―――

     早起き三文はご指摘を受けた。

    「何、改行だと!?」
    「そういう意見が来た!!」
    「まずったか!?」
    「解らんが、考えるべきものだ!!」

     もっともな意見だ、早起き三文は考え込む。

    ―――

    などと、スマホ等の画面が小さい物で見る場合(この返信はスマホで書いております)ですと字が密集して見ずらくなり、少なくともスマホないし手のひらサイズの端末では、現在の改行方法がベターかなと思っております。

    が、パソコンで見た場合で今度は文が離れすぎてしまって「目が泳ぐ」という問題があり、自分でも自覚をしております。

    実は今でもウンウンと悩んでおり、明確な答えが出ていないのですが、微妙な判断でスマホ等で見るかたの方を優先させてもらいまして、離しておく方が良いかと(一応)考え、この形式を続けております。
    ……内心では、一行改行で自動的に二行改行になってしまう仕様をどうにか自分達、こちらでオプション等を使って変えられないかなぁとは思っておりまして、そうであればこの問題は解決するかもしれませんが(他の小説投稿サイトでも、この一行改行で二行分の改行となる仕様が多いです)

    ただ、次回の話辺りで実験的に改行無しでの投稿をしてみようかなと思います!!


    シーン転換については、確かに全く(おひ)深く考えていなかった問題です!!
    さっそく工夫を考えてみようと思います(まあ、両方の問題の解決策で一番実際に良いのは、他の方の作品をよく見る事ですね( ;∀;))


    貴重な御意見、本当にありがとうございました!!

    2018年8月4日 12:27 編集済

  • 第4話「夜空に舞うPM」へのコメント

     SFとファンタジーが高いレベルで融合する、とてもレベルの高い作品でした!私は普段、こうしたロボットものの小説はあまり読みません。理由は専門的すぎるからです。
     しかしこの作品はそうした取っつきにくさを感じさせない、ファンタジー要素をふんだんに取り入れた物でしたので、ファンタジー好きな私は苦もなく読めました。SFとファンタジーの融合作は誰もが一度は考えそうな物ですが、難易度の高さゆえ完成した例はあまり無いようです(私が知らないだけかもしれませんが)。その点では、作者様の力量の高さが分かるよい作品であったと思います!
     そしてそれとは別に、エルフが明確な敵性存在であると言う設定はとても珍しいように感じました。拙作を含め数多くの作品では、エルフは味方ないしは中立存在であることが多いです。しかしこの作品は人類とエルフが明確に敵対していました。エルフ側も理性なき存在かと思いきや、言葉を操り集団で行動する社会的存在のようです。人間同士の争いにも似る、政治的な争いの予感も感じさせる物語でした。とても面白かったです!

    作者からの返信

    読んで頂いて、本当に有り難うございます!!

    もともと、エルフが嫌いとまでは言いませんが、海外のビデオゲーム「スカイリム」などの影響か
    「人間よりも長寿で、色々な面で優れているエルフが、何故あらゆる面で自分達よりも劣っている人間(腕力や繁殖力は勝っているかもしれませんが)の味方になるのか?」
    という疑問を抱いていました。
    自分でも手探りのまま、始めた小説なもので、完全な方向性が定まっていませんが、今後も続けていきたいと思います。
    温かい御声援と御感想、本当にありがとうございます!!

    2018年4月15日 01:07 編集済