ghost

ハシモモ

ghost

ガチャッ「ただいま」

『遅い!』

君が帰ってくるなり私は怒鳴りつけた。

「いや~疲れた…残業しんどい…」

どうやらヘロヘロでだいぶしんどそうだった。

「もうダメ…」とか言いながら床に倒れ込んだ。

『もう…ここで寝たら風邪引くよ』

君はゆっくり体を起こして、四つん這いでハイハイしながらリビングへ向かった。

『アハハハ なんて格好してるの』

赤ちゃんにしては大きすぎる。

君のよちよち姿がツボに入った。


「さてと今日は何を作ろうかな」

君は着替えて台所に入った。

『なんでもいい』

君はよく自炊する。そこまで料理は上手くないが、鼻歌を歌いながらつくる姿を見ると、旨いとか不味いとか、どうでも良くなる。

「さてと完成~♪」

『うーん55点』

上機嫌に皿に盛り付けたが、出来栄えはまあまあだった。


君は録画してたバラエティ番組を観ながらご飯を食べ始めた。

『どう?美味しい?』

「あれ…?なんか薄味だな…」

少し渋い顔をしたが、気にせずパクパク食べる。

そんなとこも可愛いな君は。

「ワハハハハ」

テレビを観て大笑いする君。

『これそんなに面白い?』

私には良く分からなかった。でも君が笑うってことはきっと面白いのだろう。


君は食器を片付けて、お風呂に入った。

シャワーの音が聴こえる。

『早く出てきてよ』

待ってる時間は好きじゃない。

君と一緒には入れない。でも、一緒にいたい。そんな矛盾が頭の中をグルグルする。

「ふぅ」

体を拭きながら、君があがってきた。

長いよ全く。


「へぇーあいつ出世したんだ…」

頭を拭きながら、君はスマホをいじってた。

SNSでも見てるのかな。

「え!まじか…あいつ結婚したのか…」

『じゃあ私たちもする?』

半分冗談で言ったが、もちろん君には聴こえない。

机の上にスマホを置き、君はベット向かった。


「いいなぁ皆…誰か俺のことを見てくれないかな…」

そう言いながら部屋の電気を消して眠りについた。

『大丈夫…いつも見てるよ』

気の効いた言葉なんかは見つからないけど、私は君に触れられないけど、それでも私は君の隣りにいるよ。

『おやすみ』

今日も君のオデコにキスをした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ghost ハシモモ @momo10nanami03

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ