第0-8話 吾輩逃げたいです!

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる


「旦那、お目覚めですか?」

「オワタ、オワタヨ」

「お疲れ様です」

「いやー、結構変わる気がする。これで結構ね変わったんじゃない」

「まだまだ変わりそうですもんね」

「そりゃそうよ、飽くなき探究してやつ。今が一番ね、やり時よ」

「いいですねー」

「1年で600PV増か……ということは、5年3000PVか」

「……」

「さらに行けば、6千年で360万PV。超大作やな」

「…言ってて悲しくなりません?」

「悲しい…」

「じゃあ2章にいきましょう!」

「へっ?」


吾輩、デットエンド1書き終わりますた。マスターアップ。オワタヨ…ブラッシュアップしてない。テストケース?ってやつかもしれない。はぁー脳みそのカロリーをごっそり持ってかれた気がする。落ち着かないな。



吾輩は考える。

2章……気が遠いな……。いちなんか比べもんにならない修正が必要になりそうだ。匙を投げたい。だが、やらんことにはボーナスステージ3に入れん。ジレンマは続く。身悶えしたい。こまごましているの苦手かも……。海みてぇなー、桜見てぇなー。どっか異世界に行きてぇなー。


現実逃避くんはいきなり心の玄関を蹴破ってくる、慇懃無礼なやつだ。

いんぎんぶれい?よく意味わからん。


吾輩は考える。

ヴァイオレットさんを見た。よく見るとFateのセイバーさんに見えなくもない。

京アニが書いたFate。聖杯に願いを託すのか……


違う。お手紙系物語。


3話みたけど感動した。なんかわかる。気持ちを伝えるのに多く言葉はいらない。時としてストレートな言葉の方が心を打つ。そういう話だった。


人間ってのは不思議なもんで、たった数文字の言葉すら言えなくなったりする。色々なものがあって伝えることに憶病になってしまうのだろう。まぁ感情を込めないと意味がない言葉も多いのだけれども。


伝えるってのは……複雑だ。書いてりゃ分かる。



吾輩は考える。

ヒロアカのサントラが欲しいなーっと思っていた。

なんとなく調べていたら、あら? ハイキューと同じ人なのね!!

やっぱりいい曲作ってくれるなー。


林ゆうきさん。メチャクチャ好きです。



吾輩は考える。

あれ……エッセイ4位に入ってる……。

またか、エッセイストの道を駆け上がっていくぜ。これはもう転向したほうがいいのか。駄文を並べ続けた方が……2章なんて……忘れた方が――


「旦那、何逃げようとしてんっすか!」

「……」

「早く3章書いてください! あんだけ煽ったんですから!! 土台だとか! 本番3章なんでしょ! 」

「……」

「やるの、やらないの?」

「やります……」


『やるの、やらないの?』という聞き方、あまり好きじゃない。


「だんなぁああああああああ!!」

「ヒィッ!」


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます