第3話 磯村さんが来てくれた(1)

磯村さんが突然店に来てから3週間以上経っている。もしまた来てくれるのなら、そろそろかなと思っている。


6時少し前に電話が入る。磯村さんからだった。店には客がまだいない時間なので、何でも話ができるのを見計らってだと思う。気配りのできる人だ。


「今日、店へ行ってもいいかな?」


「いいですよ、是非いらしてください」


「何時ごろに行けば良い?」


「何時でもいいですが、遅いほどいいです。店を閉めるまで待ってもらわないといけないから」


「それなら、11時過ぎに寄らせてもらいます」


「待っています」


こちらの都合の聞き方も磯村さんが考えてのことだと思うけど、こう答えておけば、磯村さんは店に来たら余計なことを考えなくても待っていられて良いと思った。そういえば今日は週末の金曜日だった。


あの仕事を離れてから別の仕事を探したけれど、私に務まるような仕事は見つからず、結局安易なスナック勤めをすることになった。客商売には慣れているし、夜の仕事に特段の抵抗もなかった。


ただ、お客さんとの安易な付き合いには気を付けた。誘われても、一緒に帰ったり、昼間に外で会うようなことはしなかった。


お客さんと特別の関係になりたくなかったし、先輩から言われていたように、男に騙されないように、と言うのがずっと身についていたからかもしれない。


だからHはそれ以来しなかったし、我慢できないときは一人で慰める以外なかった。それが今までの私には無難だった。


磯村さんと再会した時は、正直嬉しい気持ちもあった。彼は私の好みでもあったけれど、私を3軒目まで通ってくれた人だから、一応気心は知れているし、私をだましたりできそうな人ではないようだった。だから安心してHができる都合の良い相手と思った。当然、二人の関係も秘密にしておいてくれる。


それで私から進んで一夜を共にしたけれど、帰り際に彼が私にお金を渡したときには正直悲しかった。でもそのあとよく考えてみたけど、それでよかったと思うようになった。


お互いに自由でいられるし、割り切ってHができる。それでお互いが癒されればこの方が良いかもしれない。これじゃあ昔と同じだけれど、今の私にはHをしてくれる彼がいる安心感はある。


ただ、月1は少し寂しい。月2くらいは来てほしい。でも彼からするとお礼を考えれば、月1くらいが精一杯なのかもしれない。


金曜日の夜はお客が多い。グループでのお客も1組入っている。グループのお客は大概が2次会で9時ごろに来て11時ごろまでいることが多い。そのグループを送り出して表で挨拶していると磯村さんが歩いて来た。目が合って挨拶を交わす。


「いらっしゃい、また来ていただいてありがとうございます」


「混んでいるの?」


「今のグループが帰られたので二人ぐらいです」


「じゃあ、一杯飲ませてもらいます」


止まり木で二人連れが話している。磯村さんに水割りを作る。彼はそれをゆっくり飲んでいる。


「ママ、静かになったのは良いけど、俺たちもそろそろ帰るよ」


「せっかく静かになったのにゆっくりしていってください」


「もう、終電が近いから」


二人は会計をすませて帰って行った。私はすぐに看板の明かりを消して、ドアをロックする。


「お待たせしました。また来てくれて嬉しいです。もう来てくれるころかなとは思っていました」


「長年の付き合いだから分かるんだ」


「大体わかります。部屋に上がりましょう」


部屋に上がるとすぐに磯村さんが私を抱き締めてくる。


「また、君に会えて嬉しい」


「私もです。シャワーを浴びて下さい」


彼が浴室に入るとすぐに入って身体を洗ってあげる。彼も私を洗ってくれる。私が髪を洗っているとバスタブに浸かっている彼が後ろから悪戯をする。


「止めて下さい」


「ごめん、つい手が出た」


「先に上がっていて下さい。すぐに上がりますから」


浴室から出るとベッドにいた彼は待ちかねたといわんばかりに私を抱きしめて押し倒す。それから愛し合う。


1回目は彼が積極的だが、2回目以降は私が積極的になっている。二人とも心地よい疲労の中で眠りにつく。彼は泊っていけて嬉しいと言った。


明け方、彼は眠っている私を起こして愛してくれた。それから今度は私がまたしばらく会えないから思いを込めて愛してあげる。そしてまた二人眠りに落ちる。


目が覚めたら10時少し前になっていた。彼を起こさないように浴室でシャワーを浴びて身づくろいをする。簡単な朝食の準備を始めるとその音に気が付いて彼が起きてきた。


「シャワーを浴びて下さい。朝食の準備がすぐにできます」


「ありがとう、よく眠れた?」


「お陰さまで疲れてぐっすり眠れました」


「僕もだ、ありがとう」


それから二人で朝食を食べる。彼はここへきた時の服装に戻っている。トーストとホットミルクとチーズとサラダだけの朝食を平らげると、帰り支度をしてこの前のようにお礼を私に手渡す。


「ありがとう、気持ちだけだけど」


「ありがとう、また来て下さい」


「ああ、また来るから」


彼は帰って行った。外に出て見送るけど、後姿は前と同じで変わらない。彼が通りに出て曲がって姿が見えなくなるまで見ている。お別れはいつもこうだ。お客さんを見送る時とは違う一抹の寂しさがある。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます