異世界人絶対殺すマン

作者 ソルト

38

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今まで触れられてこなかった、異世界人がもたらす問題点に着眼した作品。

これまでは異世界ものと言えば、別の世界(我々がいるような世界)から来た者が授かり物で異世界生活を満喫すると言うものが一般的でした。

しかし、それ故に彼ら異世界人がもたらす「害」については全く触れられてきませんでした。彼ら異世界人が「気ままに」振る舞った結果どれだけの犠牲が出るのか、どのように社会に影響を及ぼすのか。そういったことを度外視或いはそうなるように展開されていくものが殆どでした。

だからこそ、この作品は彼らが「害」を及ぼす存在として振る舞っていることを描いており、非常に好感が持てます。

異世界転生ものに嫌気が差している皆様には、是非ともこちらの作品をご覧になっていただきたいです。

★★★ Excellent!!!

今回は自主企画【小説が読みたい!! ☆と感想は出来るだけするつもりです。】に参加していただけた事、本当にありがとうございます!!

主催者の夢乃と申します。

①好きなキャラは断トツでシュテルですね。
――ダーク主人公! 王道から少し離れた裏で生きる人間だからこそ、他の異世界主人公以上にかっこよく見える。

②小説の世界観が素晴らしい!!
定量に上限がある世界――ファウード。
そして異世界人が現れる事によってファウードの定量が上限を超すと世界の理は異常という形で巨大な災害を起こしてしまう!!
それを止めるためにチート異世界人を殺していくとか、最高にしっかりとした目的があるってのが、またしびれる!!
こんなの最高な設定で面白くないわけが無いだろ!?

とても楽しく読ませていただきました!!

※ここからはネタバレになります。

――――――――――――――――――――――――――

 ――さてっと。

 ここからは自主企画に則り、この小説がどのようにすればより良くなるのかを夢乃なりに観察した結果を『辛口評価』で述べさせていただきます。

※これはあくまで素人の意見です。

小説にはそこそこ触れておりますので、参考までに。

話の流れは良いと思いました――1話で石上隼人という人物を殺してから始まる。主人公と思わせながらの実は違いましたパターンは読者に驚きを与えますので、読んでいて楽しかったです。

しかし、説明の手順がバラバラなので、後付け設定に感じられてしまうのが残念でなりません。1話の最後で、確かにファウードという世界の説明をしてはいるのですが、それをしっかりとした形で説明したのが第6話……しかもその前にハジメを殺す話を入れてしまっている。

電脳世界の解説以上に、まずはこのファウードという世界の仕組みをしっかりと書かなくてはならないと思います。そして物語と解説を完全に分… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

全体的にレベルの高い作品です。
ギャグパートはありませんが、それを無くして成り立つ作品と言えるでしょう。
異世界○○にイライラしたら読むと良いかもです。
スカッとする事請け合いですね。
そして主人公がカッコいい!
これは書ききれないしネタバレかもなので、是非!読んでみて下さい!