箱入り魔王と世界を旅する物語

アキラシンヤ

長い旅の果てに

「貴様、今まで殺してきた人々の命を何だと思っている!」


 天空に浮かぶ黒き魔王城、闇深い魔王の間。

 既に満身創痍の勇者アレンは、それでも剣を手に叫んだ。

 茶色い髪と目、革の武具。手にした武具も特別なものには見えない。見た目だけで言うならどこにでもいそうな冒険者だ。

 対し、伝説に残る過去の魔王の巨大な肖像画を前、玉座に肘を突いた魔王ココは怪訝に眉をひそめた。

 丸まったツノに青い長髪、青い目。黒いフリルの豪勢なドレス……魔王と言うよりゴスロリ幼女である。


「おぬしは何を言っておる? 私は誰も殺めた事などない。そもそも、どうして殺す必要があるのじゃ?」


 質問を間違えたかもしれない。勇者アレンはそう思った。

 相手は魔王だ。強力な四天王を従えていた魔王なのだ。自ら手を下す必要もなかったのだろう。

 剣を構え直し魔王ココへとにじり寄り、勇者アレンは再びに叫ぶ。


「魔族の侵略でどれだけの命が失われたと思っている!」

「だから、さっきから何を言っておるのじゃ。魔族と人類は争ってなどおらぬ。おぬし、ちと要領を得んぞ。働き過ぎではないか? 少し休め」


 話が噛み合っていない。早くも勇者アレンは気付いた。

 しかし油断するにはまだ早い。魔王ココの至近まで迫り、尋ねる。


「……もしかして、本当に知らない?」

「知らぬ。えっ、本当なのか? 今、魔族と人類、争っておるのか!?」

「争ってるよ、割と長いあいだ」

「ええぇ――――――ッ!?」


 魔王はおったまげ、その拍子に玉座ごとひっくり返り、勇者アレンは確信した。

 この魔王、本当に何も知らない。


「えっ、何で何で!? おじいちゃんからはうまくいってるって聞いてるよ!?」

「知らねえよ俺に聞くなよ! あとそれ侵略がうまくいってるって意味じゃねえのか!?」

「えーっ!? ココもう分かんなーい! おじいちゃーん、おじいちゃーん!」

「やめろ仲間を呼ぶんじゃねえ! こっちはもう瀕死なんだよ!」


 四天王との連戦でアレンの体力も残り僅かだ。ここで仲間を呼ばれては困る。

 何とか泣き叫ぶ魔王の口を塞ごうと取っ組みあっていた、その時。

 無情にも。

 扉の開かれる音が、盛大に轟いた。


「アレン、殺ス」


 現れたのは、顔も全身も真っ黒な細身の鎧で包んだ暗黒騎士だ。

 四天王一の剣術使い。あるいは無言の殺戮兵器。

 そして勇者アレンが唯一、倒せなかった相手。


「「ギャ――――――ッ!?」」


 勇者と魔王は二人して悲鳴を上げ、少ししてから勇者アレンはふと気付いた。


「いや待て! 魔王のお前が驚くのはおかしいだろ!」

「知らない知らない! 誰この人すごく怖い! 助けてーっ!」


 また悲鳴を上げ、魔王ココは勇者アレンに抱きついた。

 怯えている。直参であるはずの四天王に、魔王が本気で怯えている。

 状況はまだ呑み込めないが、暗黒騎士にこの幼い魔王が怯えて泣いているのは事実だ。


「くそっ、逃げるぞ! ガチでやったら勝てねえが、暗黒騎士は動きが遅い! 魔王、隠し通路とかねえのか!?」

「知らない知らない! 隠し通路とか、そういうのあるものなの!?」

「何で自分の部屋すら把握してねえんだ!」


 魔王ココの前に立ち、勇者アレンは歯噛みした。

 知る限り、魔王の間の出入口は正面しかない。だがそこからゆっくりと暗黒騎士は歩を進めてくる。

 暗黒騎士にはある特性がある。

 普段は遅い動きだが、剣が届く距離に入った途端怒涛のラッシュを仕掛けて来るのだ。

 勇者の身に刻まれた傷は、ほとんど暗黒騎士の攻撃によるものだったりする。

 そんな脅威が、ゆっくりとだが確実に、迫ってくる。


「魔王サマ、隠シ通路ハ玉座ノ下ニアリマス」

「えっ」

「えっ?」


 勇者アレンへの問いに代わって答えたのか、暗黒騎士は抑揚のない声でそう言った。


「玉座の下だと……? 本当だ、よく見たら隙間があるぞ!」

「本当に!? じゃあ逃げられるの!?」

「分からねえ、だがやってみる価値はある!」


 幸いにも玉座は魔王ココがおったまげた拍子に倒れている。

 暗黒騎士を目の端で警戒しつつ、勇者アレンは指の掛かる場所を探す。

 ガタン、とある場所で床がずれた。一気に床を外し、二人して覗き込む。

 魔王は泣き顔にパッと笑顔を咲かせた。


「本当にあった!」

「……いや、でもこれって、どう考えても……」

「どう考えても?」


 魔王ココは首を傾げ、訝しげな勇者アレンに尋ねる。


「地上に真っ逆さまコースじゃないのか……?」


 隠し通路の向こう側には大地が覗いている。

 そう。ここは天空城だ。

 魔王ココは再びに首を傾げる。


「このお城って、そんなに高いところにあるの?」


 冷や汗を垂らしながら、勇者アレンは答えを口にしなかった。

 もうすぐ。あと四歩、三歩。

 それぐらいで暗黒騎士の間合いに入る。


「ええいっ! どうにでもなれっ!」


 魔王ココを抱き、勇者アレンは地上真っ逆さまコースを選んだ。

 勇者と魔王の悲鳴は急激に遠ざかり、やがて聞こえなくなり、魔王の間は静寂を取り戻した。

 残された暗黒騎士が、隠し通路を覗き込む。


「逃ガシタカ」


 暗黒騎士は踵を返した。

 暗黒騎士は、決して勇者を逃さない。



「ぎゃあああぁああああああああッ!!!!」


 一方、青空の中、勇者と魔王は揃って地面へと落下していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます